官僚たちの夏

「官僚たちの夏」最終話「天下りせず」(TBS)

出演 桂ざこば(岡屋文平、共同繊維常務) 感想 鮎川は死に、庭野は繊維業界が潰されるのを止められず、暴徒に殴られて失意の中で退場、牧は自分の主張をなくし手下の片山にまで咬みつかれる始末……自分たちにはどうすることもできない流れの中で、光が見えな…

「官僚たちの夏」第九話「炭鉱事故」(TBS)

出演 西村雅彦(丸尾要、大日製鉄副社長) 藤田朋子(鮎川妙子、鮎川光太郎の妻) 中村優子(遺族:子をおぶった母) 感想 斜陽産業をどうするかは難しい問題だ。しかし、この40年間で安全性に対する認識は進歩しているのではないかとは思う。炭鉱事故は痛ま…

「官僚たちの夏」第八話「総理の死」(TBS)

第二部スタート。 出演 佐藤浩市(風越信吾、特許庁長官) 高橋克実(鮎川光太郎、鉱山保安局局長) 堺雅人(庭野貴久、鉱山保安局管理課長) 吹石一恵(山本真、特許庁職員) 船越英一郎(玉木博文、事務次官) 高橋克典(片山泰介、重工業局長) 杉本哲太…

「官僚たちの夏」は今週も休み

明後日は選挙速報のため放映休止。次回は9月6日。

「官僚たちの夏」は休み

本日は世界陸上のため、お休み。来週は選挙のためやはり放映休止とのこと。次回は9月6日。忘れそう。

「官僚たちの夏」第七話「敗北」(TBS)

出演 佐藤B作(古畑晋介、通産大臣) 感想 「国内産業保護法」がいよいよ政府案として国会に提出されることになったが、主に風越たちの政治力のなさに加え、大臣の失言も重なって、廃案に追い込まれてしまう。残念でした、お疲れさま、という話。かんじんの…

「官僚たちの夏」第六話「公害問題」(TBS)

出演 山谷初男(舟木三郎、浦安漁業組合長) 感想 おや、丸尾はいよいよ事務次官ですか。片山の腰巾着ぶりがなかなかよい。公害問題だけど、なんとかいう法案が何年に成立したとか、公害局がいつできたとかいうのは恐らく史実をなぞっているのだろうが、あん…

「官僚たちの夏」第五話「電算機を救え」(TBS)

出演 麻生祐未(ジェーン・ヤマグチ、IDN社通訳) 感想 本当にこんなことがあったの? もしそうなら、この業界の人間として、ちょっと恥ずかしいかも知れないんだけど、初めて聞いたし、なんだか信じられない話だ。風越、庭野の交渉で、ロイヤリティを5%に抑…

「官僚たちの夏」第四話「黒船来襲」(TBS)

出演 長塚京三(須藤恵作、大蔵省大臣) 感想 あまり「昭和」とか「戦後」の香りがしない。眼鏡をしているのが牧、丸尾、西丸くらいで、いかにも昔風の厚い眼鏡は牧のみ。昔はコンタクトレンズなんかないのだから、もっと大勢の人が眼鏡をしていたはず。しか…

「官僚たちの夏」第三話「大臣との対立」(TBS)

そろそろテイストが原作に近くなってきたか? 出演 桂ざこば(オカヤ織物社長) 感想 史実を知らずテレビを見ただけでいうのだが、売上げが増えることを期待して設備増強⇒売上げ微増⇒倒産、などというパターンはよくあるといえばよくあるんだが、特に対米輸…

「官僚たちの夏」第二話「テレビの時代」(TBS)

僕が2回続けて見るのは珍しい。 出演 西村雅彦(丸尾要、企業局局長) 岡本信人(大沢、大沢無線社長) 岩松了(小宮山、コミヤマ電気社長) みのもんた(安達、電気会社社長) 中原丈雄(山岡一郎、帝都銀行頭取、元大蔵事務次官) 感想 国産のテレビを普及…

「官僚たちの夏」第一話「昭和三十年の夢」(TBS)

城山三郎原作のドラマ化。ものづくりは重要だし、自動車産業もご縁がある業界だし、佐藤浩市が主役で堺雅人や高橋克典も出るというので、興味を持って見始めた。思ったより重たい話で、テレビドラマの枠に収まるのか、気になる。 出演 佐藤浩市(風越信吾、…