風のガーデン

風のガーデン 最終話「ナツユキカズラ」

録画しておいたものをようやく観る。うーん、最終話というのは、本来もっと盛り上がるものだと思うが、全11話の中で一番つまらなかった……というと、言い過ぎか。でも、いろいろなリンクを全部クローズさせようとしているだけで、今回のお話というと、何があ…

風のガーデン 第10話「ユーフォルビア」

二神達也(奥田瑛二)が登場するとは思わなかった。もう出てこないと思っていた。天国から(夢の中で)「早く来い」と呼びかけるのだが……今回は、貞三(緒形拳)やルイ(黒木メイサ)が、残り時間のわずかな貞美(中井貴一)に、いかに安らかに過ごしてもら…

風のガーデン 第9話「ラムズイヤー」

いよいよ貞三(緒方拳)・貞美(中井貴一)親子の和解が成る。貞三に事情を知られ、家に戻って来い、と言われるのは貞美にとっては想定外のことだったに違いない。しかし、即答せず、「考えさせてください」と答えたのも意外。貞美はどうしたいのか。父親と…

「風のガーデン」第4話「ゲラニウム」

内山妙子って、やーな女だ。伊藤欄という役者は好きだし、うまく役作りできていると思う。あくまで役の話だが、いい人揃いのこのドラマの中で……重罪で間もなく逮捕されようとしている二神達也(奥田瑛二)すらいい人に見える中で……本当にうざい女だと思う。…

「風のガーデン」第3話「タイム」

前回で物語のテーマらしきものが見えてきた。今回は、これまで「?」だったいろいろな事情が明らかにされた。 白鳥貞美(中井貴一)は、アメリカから日本に戻ってきたあと、妻と二人の子供は富良野に、自分は東京に単身赴任していたらしい。子育て、特に岳の…

「風のガーデン」第2話「エゾエンゴサク」

エゾエンゴサクの花言葉(by 貞三)は「妖精たちの秘密の舞踏会」。 貞美の病気は膵臓がんだった。それもステージ4B(といわれてもわからないけど)手術も無理な段階。おまけに、あの二神達也(病院を抜け出して「無茶苦茶だ」と言われる)が4A〜4Bだという…

「風のガーデン」二回目

今日は「風のガーデン」の2回目だ。早く帰らないと!

風のガーデンのリアル

医療ドラマということで、医師の間で話題になっているが、ある医師(麻酔科医)のブログを読んでいたら、現役の麻酔科医の目から見ても「現実に引き戻されて少し嫌な気分にさえなってしま」うくらい、「日常がリアルすぎ」なんだそうだ。主人公のような、す…

続・「風のガーデン」第1話「スノードロップ」

録画を見返して、やっといろいろなことがわかった。 スノードロップの花言葉(by 貞三)は「去年の恋の名残の涙」。 最初の舞台は、事前の宣伝で北海道の富良野が舞台だとさかんに言っていたから、富良野なんだろうと思い込んだのだけど(それは正しかったと…

「風のガーデン」第1話「スノードロップ」

番組が始まる前に「緒形拳に捧げる」と表示され、ちょっと「うわっ」ときた。何かあるだろうとは思ったが、それは番組の最後だろうと思っていたから。*1物語の冒頭でいきなり緒形拳(白鳥貞三)が登場し、「うわわっ」ときた。こうして見ると、動きやセリフ…

「風のガーデン」一回目

ふだん、あまりテレビドラマは見ないのだが、これだけは見ようと思い、早めに仕事を切り上げて帰ってきた。録画準備OK!