龍馬伝

龍馬伝のその後

「龍馬伝」は龍馬が暗殺されてそのまま終わってしまい、消化不良と感じた人も少なくなかったようだ。伝記物語をどこで終わらせるかは意外と難しい問題である。普通に考えれば、その人が死んだ時に物語が終わるのだけど、周囲の人は生きて歴史は続いていくの…

龍馬死す/龍馬伝-48「龍の魂」

雑感 28日の龍馬伝は「龍の魂」。最終回であった。ひとことでいえば「退屈」。最終回につき15分拡大、とのことだったが間延びしているだけ。別に延長する意味はなかった。瀕死の重傷を負った龍馬の長台詞は興をそぐ。何もうまいことを言わせようとしなくて良…

後藤象二郎、一世一代の進言/龍馬伝-47「大政奉還」

雑感 後藤象二郎が徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出し、大騒ぎになるが、結局、1867年10月14日、大政奉還成る。という話。前回のワタシの書いたことがNHKのスタッフに届いたのか? 今回は一応、「大政奉還こそが徳川700万石の延命策でございます」と慶喜の…

大政奉還の建白/龍馬伝-46「土佐の大勝負」

雑感 龍馬が土佐へ行き、山内容堂と面会して大政奉還の建白書を書いてもらうよう進言するという話。前田敦子久々の登場。大政奉還は幕末の一大イベント。それをここまで史実から離れた話にするかなぁ……と、驚くやら、しらけるやら。大政奉還は、後藤象二郎が…

おりょうとの別れ/龍馬伝-45「龍馬の休日」

雑感 タイトルは「ローマの休日」との語呂合わせか。おりょうと過ごす最後の日々である。これがおりょうとの最後であると、当人たちは知らないわけだが、視聴者はみなわかっている。そういうドラマである。「おばちゃーん」といって寄ってくる子どもたちに「…

お伽話のイカルス号事件/龍馬伝-44「雨の逃亡者」

雑感 第4部に入ってからきちんと歴史と向き合っていてそれがいい、と以前書いたが、今回はまたなぜかお伽話の世界に入ってしまった。長崎の繁華街でイギリス人水夫が殺されるという事件が起き、下手人が白い服を着ていたところから海援隊士に嫌疑がかかった…

三菱の創業者は死の商人だった/龍馬伝-43「船中八策」

雑感 僕は、龍馬が成し遂げたことの中で歴史的に最も価値があるのは船中八策だろうと思っている。幕府側はその威信を天下に示し、徳川の世が続くことを願い、薩長側はむろん徳川家を倒して自分たちが権力を手に入れることを狙っていたが、手にしたその権力で…

いろは丸事件の真実/龍馬伝-42「いろは丸事件」

雑感 海援隊の「いろは丸」が紀州藩の「明光丸」と衝突して沈没した。どちらに非があるかどうかの問題ではなく、この時代の普通の考え方として、徳川御三家のひとつである大藩・紀州が相手であれば、泣き寝入りするしかないところである。それを、交渉の挙句…

高杉晋作は力石徹そっくりだ/龍馬伝-41「さらば高杉晋作」

雑感 先日、映画を観に行った際、劇場のポスターで近日上映される「あしたのジョー」に伊勢谷友介が出演することを知った。で、そのポスターを見たらもういけない。今回の龍馬伝はシリアスな話なのだが、伊勢谷友介がどこからどう見ても力石徹にしか見えない…

ようやく面白くなってきた龍馬伝/龍馬伝-40「清風亭の対決」

雑感 前週から最終部である第4部が始まったが、ようやくまともになってきた。前回の「馬関の奇跡」は、先週書いたように……って書いていないや……ヒマラヤスギさんとこにコメントで走り書きしただけだった。 『龍馬伝』39回(ヒマラヤスギ雑記、2010/09/27) >…

西郷隆盛は実は黒かった

雑感 ドラマ「龍馬伝」は少々期待外れで批判的なことも書いてきたが、高橋克実の西郷隆盛はとても良かったと思っている。西郷隆盛のイメージは、でっぷり肥っていて、大らかで実直、ちょっと抜けたところもあるが、機を見るに敏、意思は強く、粘り強い。情に…

亀山社中が幕長戦争に参加/龍馬伝-38「霧島の誓い」

雑感 幕府による長州征伐が始まり、龍馬率いる亀山社中が長州の援軍に駆けつけるところで終わった。「龍馬伝」は、政治家や軍人の交流や行動を描くより、登場人物における男女関係の機微を描くことを主眼としているらしく、歴史の動きがしばしば端折られ、さ…

フリーター坂本龍馬はなぜ信頼されたのか/龍馬伝-37「龍馬の妻」

雑感 NHK大河ドラマ「龍馬伝」は、薩長同盟のあと、おりょうがノーブラで薩摩藩邸に駆けつける話に龍馬の結婚と続いて、真木よう子がなかなか好演しているせいもあり、まあまあ面白く見ている。お加尾(広末涼子)、お佐那(貫地谷しほり)、お元(蒼井優)…

坂本龍馬は何者だったのか――「龍馬伝」に期待したこと/龍馬伝-34「侍、長次郎」

雑感 今日はヒドかった。薩長同盟という幕末を彩る大偉業の影に長次郎の死ありで、坂本龍馬物語を綴る時のひとつの山場になるところなのに、あの作り方はないだろう。龍馬も、他の亀山社中の人も、言ってはならないことを言い、してはならないことをしてしま…

「龍馬伝」第三部はじまる/龍馬伝-29「新天地、長崎」

雑感 今日から第三部だそうな。初回から一度も抜かすことなく見続けてきたが、今回のを見て、もういいかな、という気になってきた。というのは、このドラマにおける龍馬が何者なのかが、既に物語は中盤を過ぎているのにいまだに見えてこないからだ。武市半平…

武市と富の愛/龍馬伝-24「愛の蛍」

出演 草刈民代(寺田屋女将)。もっとも草刈さんは、龍馬の母、幸の役で既に一度出ているけど……。 雑感 池田屋事件のあと、龍馬の身も危なくなり、一時、お龍の家に匿ってもらう。子どもたちを相手に月琴を弾き、土佐の小唄を歌ってさっそく人気者になるが、…

亀弥太の出奔の理由は?(2)/龍馬伝-23「池田屋に走れ」

京にいる土佐藩士に帰国命令が出たが、これに従えば捕縛されるのは明白。それを拒否して脱藩した者も何人もおり、望月亀弥太もその一人。当然、土佐藩から追われる身となった。坂本龍馬は、時間が経てば必ず情勢は変わると考え、それまで身の安全を確保する…

亀弥太の出奔の理由は?/龍馬伝-23「池田屋に走れ」

「龍馬伝」はずっと見ていたけれど、記録するのが2ヵ月近く空いてしまった。とりあえず直近のものから。 出演 平岡祐太(陸奥陽之助)。えーっ、あれ平岡祐太だったのか。「幸福な食卓」での佐和子の兄とはかなり雰囲気が違うな…… 雑感 神戸村に海軍操練所が…

龍馬伝-15「ふたりの京」

出演 臼田あさ美(なつ) 池内万作(三条実美) 雑感 脱藩した龍馬は京で4年ぶりで加尾と再開。龍馬が振ったわけではないとはいえ、別れて4年、以来音信不通だったのに、いきなり「加尾」などと呼び捨てで呼びかけるのは納得がいかない。いつまで恋人面して…

龍馬伝-13「さらば土佐よ」

雑感 龍馬が脱藩する話。土佐の外の世界を見てみたかったのかも知れないし、武市についていけないものを感じたのかも知れないが、お尋ねものとしてつかまれば死罪になるかも知れず、家族や一族郎党が重罪に問われるかも知れない「脱藩」をしでかすには、動機…

龍馬伝-12「暗殺指令」

出演 要潤(沢村惣之丞) マイコ(喜勢:弥太郎の嫁) やべきょうすけ(久坂玄瑞) 雑感 『龍馬伝』第12回(ヒマラヤスギ雑記、2010/03/22) 相変わらず、適確にまとめている。突っ込みも、当を得ている。こんなのを読んだら、何も書けない。(でも、書く)…

龍馬伝-11「土佐沸騰」

粗筋 エピの要約は下記のサイトから引用する: 『龍馬伝』第11回(ヒマラヤスギ雑記、2010/03/15) 加尾を失ったことで龍馬は強くなったのだろうか、第11回では今までは見られなかった龍馬の図太さが描かれた回だった。面白かった。「桜田門外の変」に刺激を…

龍馬伝-10「引きさかれた愛」(続)

今年に入ってから、日曜日になるとアクセス数が増えるのは「龍馬伝」のおかげらしい。とにかく「上士・下士」あるいは「下士」で検索し、たどりつく人が多い。上士・下士に関しては、かつて『龍馬伝-01「上士と下士」(続)』(2010/01/08)で触れたから、ご…

龍馬伝-10「引きさかれた愛」

出演 前田敦子(坂本春猪) 青木崇高(後藤象二郎) 北見敏之(柴田備後) あれ、前田敦子はこれが初登場? それでは今までの春猪は別の人か? 雑感 龍馬は精進の甲斐あり、見事、北辰一刀流の免許皆伝となる。これをもって江戸での剣術修行は終わり、土佐へ…

龍馬伝-09「命の値段」

日曜日は所用があって見ることができず、ようやく再放送を見る。 出演 橋本一郎(山本琢磨) 雑感 今回描かれるのは山本琢磨事件。京で武市は諸般の志士と交流を得ようとする。が、土佐は勤王において大きく立ち遅れており、自分は殿様と話をするどころか、…

龍馬伝-08「弥太郎の涙」

出演 前田敦子(坂本春猪) 雑感 江戸で学問修行中の弥太郎の元に、弥次郎が大けがを負ったという知らせが届く。修行を一時中断し、普通なら江戸〜土佐まで30日かかるところを半分の日数で帰省。戻ってみると、悪い庄屋が水を一人占めしてしまい、村人に不満…

龍馬伝-07「遥かなるヌーヨーカ」

出演 リリー・フランキー(河田小龍) 大泉洋(饅頭屋長次郎) 雑感 今回の表のテーマは、龍馬と河田小龍との出会いだが、僕としては、児玉さんラブ(はーと)の回だった。龍馬が江戸修行を終えて土佐に帰ってくることになり、姉たちは大騒ぎである。八平も…

龍馬伝-06「松陰はどこだ?」

出演 生瀬勝久(吉田松陰) 雑感 ものすごく話をすっ飛ばしている印象。龍馬の最初の江戸遊学は一年半に及んだはずなのに、もう終わり。ペリー来航も、それに伴う幕府の慌てぶりもほとんど描かれず、あっさり開国。阿部老中が対応に困って諸般に事情を話し、…

龍馬伝-05「黒船と剣」

出演 近藤正臣(山内豊信) 田中混(吉田東洋) 雑感 黒船を目の当たりにした龍馬と桂は、その大きさ、先進性に圧倒され、腑抜け状態に。特に龍馬は、あんなのと戦争になったら、剣ではとても敵わないと悟り、剣術修行に疑問を抱くようになる。そのことを知…

龍馬伝-04「江戸の鬼小町」(続)

昨日の記事では貫地谷しほりにケチをつけるような内容になってしまったが、佐那の一途さ、凛とした迫力、素敵な笑顔と、剣を振る場面以外では素晴らしかった。それだけに惜しい。面をつければ顔はわからないのだから、稽古の場面ではスタントを立てるとか…… …