これがブルース・リーか!「ドラゴン 怒りの鉄拳」

TOHOシネマズのバック・トゥ・ザ・シアター企画。本当は「グッド・ウィル・ハンティング」を観るつもりだったが、前日で終了していた。短い!

題名ドラゴン 怒りの鉄拳(Fist of Fury)
監督ロー・ウェイ
出演ブルース・リー(チェン)、ノラ・ミャオ(ユアン)、橋本力(鈴木寛)、ジャッキー・チェン(スタント)、他
制作香港(1974年7月20日日本公開)
時間102分
劇場TOHOシネマズ 日本橋

内容紹介

舞台は1909年、上海における日本人租界での出来事。中国武術の大家フォ・ユェンジャア(実在の人物)が謎の死を遂げる。弟子のチェンは、日本人武術家の鈴木寛(率いる一派)の仕業であると嗅ぎつけると、殺人に関わった人間を次々に殺し、復讐を遂げていく。しかし、租界において日本人に逆らうのは大変なことであり、精武館の仲間たちも殺されていく……

「ドラゴン危機一髪」に続くブルース・リー主演映画の第二作。リーの特長となった怪鳥音とヌンチャクの使用は本作から。

雑感

小学生のころ非常に流行った「ブルース・リー」による「ドラゴンもの」だが、一度も映像で見る機会がなかった。40年経ってようやく思いを遂げることができた。

格闘技映画(特にカンフー映画)の古典であるから、なるほどこういうものでしたかと拝謁していればそれで十分ではあるが、現代の視点では気になることもある。以下に列挙。

  • ストーリーは見るものがない。オリジナルビデオレベル、といってはOV関係者に失礼か。特に、いくら日本人に逆らえないといっても、明らかに鈴木一派によって地元の人間が何十人も殺されていながら、何も問題にならないのは納得しがたい。
  • 精武館の教えは、武道というのは自分を鍛えるためであって他人と競うものではない。だから他流試合はしない。挑発されても乗らない。というのだが、降りかかる火の粉すら払えないようでなんの武道か。
  • 鈴木の運営するのは柔道場のはずであり、実際、練習では柔道の技をかけていた。が、いざ喧嘩となると拳法の技を繰り広げる不思議。
  • 日本人の穿いている袴がうしろまえ(有名な事実。橋本力が逆だと指摘しても直さなかったとか)。
  • セリフと演技(口の動き)が合っていない。アテレコなんだと思ったら、その通りなのだが、そもそも声を当てているのは俳優とは別の人なんだとか。香港映画では俳優と声優が別人というのが普通だったそうだ。あれはりーの声ではないのか……
  • リーの拳法は、なるほど確かに速い。動きが派手で華麗だ。この手の格闘技を初めて見た人が熱狂したのはわかる気がするが、空手や総合格闘技がすっかりポピュラーになった今の目で見ると、蹴りもパンチももっと体重を乗せないと、あんな腰の入っていない打撃ではダメージは与えられないはず(それなのに、体重で勝る選手がリーの蹴りやパンチでよろめいたり倒れたりする不思議)。特に、当たっているように見えないため、余計に嘘くさく見えてしまう(実際、わざと当てていないのだとか)。
  • リー自身の格闘家としての腕前は知らないが、少なくとも映画で見せている「技」は殺陣のそれであり、格闘技のそれではないことはわかった。

美形の競演「危険な関係」

韓流かと思ったら中国の映画でした。主演男優と監督は韓国人だけど(チャン・ドンゴン韓流四天王の一人だそうで)。

題名危険な関係(英題:Dangerous Liaisons)
原作コデルロス・ド・ラク
監督ホ・ジノ
出演チャン・ドンゴン(シエ・イーファン)、セシリア・チャン(モー・ジユ)、チャン・ツィイー(ドゥ・フェンユー)、他
公式サイト映画『危険な関係』公式サイト
制作中国(2014年1月10日日本公開)
時間110分
劇場TOHOシネマズ ららぽーと横浜

内容紹介

舞台は1931年の上海。富豪の家系のシエは名うてのドン・ファン。モーは女性経営者として世間から一目もニ目も置かれる存在。シエはモーに「本気で好きなのは君だけ」と言い、モーもシエのことを憎からず思っているようだがその気持ちに応えることはない。

モーは、かつて自分と付き合っていた財界の大立者が高校生ベイベイと婚約した報に接し、「あいつは処女が好きだから」とシエにベイベイを誘惑して抱くよう依頼。シエは簡単すぎて面白くないとこれを断わり、ドゥ・フェンユーをターゲットにすることを宣言。ドゥは夫に先立たれてからは身持ちを固く守り、篤志家として評判の高い人で、いくらシエでも無理だろうとモーが言うと「賭けようか」となる。シエがドゥと寝たらシエの勝ち、モーはシエの女になる。シエがドゥを落とせなかったらモーの勝ちで、シエの所持する湊の近くの土地をモーに譲ることを約束する。

ベイベイには興味を持たなかったシエだが、ベイベイの母がシエのことを蛇蝎の如く嫌っていることを知って、復讐のためにベイベイの誘惑を決意。あっさりその処女をいただいてしまう。また、身持ちが固い、すなわし男に免疫のないドゥは、シエの手練手管にいともあっさり陥落。過去を忘れてシエと新しい人生を生きる決意をするが……

雑感

リア中爆発しろと思いながら見ていたら本当に爆発したという話でござった。

シエとモーの関係が気になる。シエが「よりを戻そう」と言っていたから、かつて付き合っていたことがあったのか? 当初は元夫婦かと思ったがそういうわけでもないらしい。少なくとも現在は、深い関係にはなさそうだが、パーティーの場では親密に(身体を密着させて)踊るし、頻繁に会っているし、シエが真夜中にモーの家を訪ねても、文句は言うけれど本気で怒っている風でもないので、傍目には完全に付き合っているように見える。

シエがドゥを落としたやり方は、褒められたものではないが、騙された方にも責任の一端がないことはないような……。しかしベイベイをモノにした時は、口説くという手間をすっとばして暴力的にコトを行なっている。現代の感覚では、完全なレイプだと思うが、当時は泣き寝入りするしかなかったのか。

シエも大概だが、モーの悪女ぶりはなかなか良かった。いずれにしても、主要な登場人物が美男美女ばかりだったので、目の保養ではあった。

ハリウッドリメイクかと思っていたが(ハリウッド作品もあるが)、原作の映画化はこれで8度目。

コメディだった……「コードネーム:ジャッカル」

韓国映画を観るのは、10年前「ボイス」を観て以来。

題名コードネーム:ジャッカル(原題:CODE NAME: JACKAL)
監督ペ・ヒョンジュン
出演キム・ジェジュン(チェ・ヒョン、スター歌手)、ソン・ジヒョ(ボン・ミンジョン、謎の殺し屋)、オ・ダルス(マ班長、所轄の刑事)、ハン・サンジン(シン警部、本庁刑事)、他
公式サイト韓国映画『コードネーム:ジャッカル』公式サイト|ソン・ジヒョ&ジェジュン(JYJ)主演
制作韓国(2013年5月3日日本公開)
劇場チネチッタ

粗筋

韓国トップ歌手のチェ・ヒョンは、新曲のプロモーションフィルム撮影中。仕事を終えると、スポンサーからの食事の誘いを断って一人、ホテルへ。愛人と密会するためだ。ところが忍び込んできた女に捕えられ、身動きできない状態にさせられる。女は、あなたを殺しにきたと告げる……

本庁のシン警部は、ジャッカルと呼ばれる深夜、市内のホテルに現れることを突き止める。これまで事故として処理されてきた死亡事件の大半は、ジャッカルが事故に見せかけて殺したというのだ。所轄の刑事マとその部下の女性巡査を連れ、チェ・ヒョンが泊まるホテルに待機するが……

雑感

エージェントもの、サスペンス&アクション映画かと思っていたのだが……なんと……単なるコメディでした。まあ、コメディと思って見ればそれなりに楽しめなくはなかった。

チェ・ヒョンを殺しにきたという謎の女は、どうも間抜けなところがある。ただしチェに逆転を許すとこまでは至らない。チェは何とか逃れようと、自分は顔は似ているだけでチェとは別人だと言い張る。そして下手な歌や踊りを披露。別人だと信じさせることに成功。ようやく解放されるかと思いきや、「ごめんねー、本当に悪かったと思うけど、顔を見られた以上、あなたも殺すしかないの」。

ジャッカルを追いかけようと張り切るシン警部だが、実働部隊の所轄はやる気がなく、言うことを聞かない。所轄の態度も問題だが、言うことを聞かせられないシンも威厳がない。人に何かを言われたら言い返せない困った人物で、癖のある(少々胡散臭い)ホテルのオーナーにたびたび金をせびられると、黙って言い値を渡してしまう。

マの部下で階級でいえば一番低い身分の女性巡査が、一番真面目で一番頭がよく、熱心に調査を行ない、資料を調べ、明晰な頭脳で謎を解いていく。登場人物の中でも一番の美人のように感じたが、公式サイトには紹介なし。

これは韓流とは言わないのかな?「風のファイター」(DVD)

DVD視聴。

題名風のファイター
原作坂パン・ハッキ
監督ヤン・ユンホ
出演ヤン・ドングン(チェ・ペダル)、平山あや(陽子)、加藤雅也(加藤)、真樹日佐夫
制作韓国、2004年

  • 韓国で爆発的なヒットとなったらしい。極真空手創始者大山倍達が日本人ではなく在日コリアンだというのは、緘口令が敷かれていたはずだが、こんなに大々的に公開するとは、時代の流れだろうか。1998年(つまり、大山倍達の死後)に出版された、真樹日佐夫「実録・地上最強のカラテ〜ゴッドハンドの系譜〜」(いれぶん出版)でも日本人だと書いてあって、この緘口令はいまだ有効なんだと思っていたが……
  • アクションに関しては、かなり頑張った印象がある。割と迫真だった。それでも殺陣(約束組手)風のやりあいも多かったけど、そもそも史上最強の空手の達人を、ただのアクション俳優が演じるわけだから、あれだけできれば十分だろう。
  • ただし、最後の闘いで、仇敵・加藤から寸止めで一本とるのだが、あれはいけない。腕が伸び切っていた。あれでは寸止めになっていない。加藤はちゃんと突きを(スウェー・バックで)かわしたのだ。あれだけはちょっといただけない。
  • ところで、加藤役を演じた加藤雅也って、アンフェアで三上薫を演じた人と同一人物か?? あの武道の達人と薫ちゃんとが一致しない。
  • 平山あやは、いかにも現代風の娘で、とても戦後間もない時代の女性には見えなかった。まあ、そういう演出もありか。
  • それにしても、ここにも真樹日佐夫が出演しているとは……梶原一騎原作作品なら、真樹に話を通さないわけにはいかないだろうが、この作品は関係ないじゃんね。

風のファイター 完全版 [DVD]

風のファイター 完全版 [DVD]

実録・地上最強のカラテ―ゴッドハンドの系譜〈上巻〉

実録・地上最強のカラテ―ゴッドハンドの系譜〈上巻〉

「ボイス」

いつ観に行ったのか記憶が(記録も)ないので、封切日にポストしておく。

題名ボイス(英題:Phone)
監督アン・ビョンギ
出演ハ・ジウォン(ジウォン、女性雑誌記者)、キム・ユミ(ホジュン、ジウォンの友人)、ウン・ソウ(ヨンジュ、ホジュンの娘)、チェ・ウジュ(チャンフン、ホジュンの夫)、他
制作韓国(2003年4月26日日本公開)
時間100分

内容紹介

援助交際関連の記事を書いたジウォンは、そのせいでストーカーに悩まされ、親友のホジョンの別宅に引っ越し、携帯も換えることにした。新しい番号は「011-9998-6644」。ある日、ホジョンとその娘ヨンジュと美術館に行くと、ジウォンの携帯がいきなり鳴りだす。まだ誰にも番号を教えていないのに! 不審に思ったジウォンはその着信を無視しようとしたが、偶然電話の側にいたヨンジュが、その電話に出てしまう。と、悪魔に憑かれたかのような顔をし、異様な行動を始める。

以来、ヨンジュの様子は変わり、戻らなくなる。医者に連れていっても異常がないと言われるのだが、父親チャンフンに対して執拗に執着したり、子供らしくない不可解な言動が起こり始める。そして母親に対して憎悪を向け……

雑感

  • 女子高生が、休憩時間になるや否や一斉に携帯を取り出し、屋上でメールチェックを始める様子を見て、韓国も同じなんだなあと妙に感心した。この時はいい感じは受けなかったが、今から思えば、授業中にいじっていないのは随分と健全である。今の高校生は授業中も普通にLINEやtwitterをやったりしているのではないか。
  • ヨンジュに取り憑いた大人の霊(?)のせいで、チャンフンに艶めかしいキスをし、驚いたチャンフンが突き飛ばすシーンがある。あのキスは本当に大人のような色っぽいキスだったが、いくら演技とはいえ、そのようなキスを子役(当時6歳)に教えた演出には疑問を感じた。

ボイス [DVD]

ボイス [DVD]

(2014/02/20記)