死ぬにも段取りが必要です「エンディング・ノート」

ドキュメンタリー映画。癌告知を受けてから家族が看取るまでを、実娘が撮影したもの。

題名エンディング・ノート
撮影・編集・監督砂田麻美
出演砂田知昭、他
公式サイト映画「エンディングノート」オフィシャルサイト
制作日本(2011年10月1日公開)
劇場キネカ大森

公開されたのは約半年前。観に行った知人から、ぜひ観た方がいいと言われていたのだが、邦画は基本的にあまり興味ないし、観たい(けど時間がなくて観られない)作品がたくさんあるしで、一日延ばしにしていた。しかし、ロングランの本作品も、27日が最後(厳密には埼玉では28日まで。広島、沖縄では5月に上映する館がある)。ちょうど雨も上がったので、重い腰を上げた。

こういう映画はどのような感想を持てばいいのだろう。創作なのであれば、画質がちょっとアレだけど、よくできていますねーと素直に思える。が、ドキュメンタリーとなると、また別の感じ方がある。このように内輪のことを曝け出されて、これは故人の希望することだったんだろうかとか。故人だけでなく、肉親はまだしもとしても、息子の嫁まで克明に映っていたが、本人は承知しているんだろうかとか。

砂田麻美監督が映像制作に関わるようになったここ15年くらいはまあともかくとして、1970年の大阪万国博覧会の時の映像が残っているのがすごいなとか。そんな当時からハンディなビデオカメラなんてあったっけ? とか。

この人段取り段取りと言う割に、元気なうちに洗礼を受けていなかったのかよ、とか。事前にあれこれ話をしていたのに、肝心な時に神父さんは来てくれないのかよ、とか。でも本人は、実は(クリスチャンである)娘にやってほしかったのかな、とか。

砂田知昭氏の価値観には、正直、共感できる部分は少ないが、それを論じるのは映画作品とは別の話なので、省略。

劇中、主人公は、つらいとか苦しいとか死にたくないとか怖いとか、そうしたことを一度も言わない。本当に言わなかったのか、その部分は撮らなかった(撮ったけどカットした)のかは不明。少なくとも娘の前では言わなかったような気がする。本心はどうだったか。

告知を受けてから半年後の死はずいぶんと早いが、苦しまずに済んでよかったですねと、かつて7年寝たきりだった父を見送った経験を持つワタシは思うのだった。