よくわからんが、わからないなりに面白い「悪の法則」

題名悪の法則(原題:The Counselor)
監督リドリー・スコット
出演マイケル・ファスベンダー(カウンセラー)、ペネロペ・クルス(ローラ、カウンセラーの婚約者)、ハビエル・バルデム(ライナー、実業家)、キャメロン・ディアス(マルキナ、ライナーの恋人)、ブラッド・ピット(ウェストリー、麻薬の仲買人)、ロージー・ペレス(ルース、殺人罪で受刑中)、他
公式サイト映画「悪の法則」オフィシャルサイト
制作USA、英国(2013年11月15日日本公開)
劇場名古屋ミッドランドスクエア

内容紹介

弁護士のカウンセラーは恋人ローラにプロポーズし快諾され、人生の絶頂にある。そして大きな利益の得られる裏社会のビジネスに手を出すが、それが発端となり周囲を不幸に巻き込んでしまう……

内容紹介(ネタバレ)

カウンセラーは、自分の顧客であるルースから、息子がスピード違反で捕まったから力を貸してほしいと依頼され保釈させるが、この息子は麻薬の運び屋だった。マルキナがメキシコの麻薬カルテルから麻薬を奪うことを彼に指示し、実行に移されるが、カルテル側は彼を殺して麻薬を取り返す。この一連の騒動の中で、保釈に力を貸したカウンセラーも強奪の一味とみなされ、ローラも殺されてしまう。

麻薬の強奪に失敗したマルキナは、ウェストリーを殺し、彼の個人資産を手にする。ラストは彼女が「私は飢えているのよ」とつぶやくシーン。まだまだ欲望を満たすために何人でも人を殺すということだろう。

雑感

ヤバイことになって次々と人が殺されていく点は、それなりに興味深く見た。この手の作品は、いわばそういうシーンのサスペンス性が肝であって、背景のストーリーは二の次だといえなくもない。

ルースの息子やウェストリーの殺され方は、残忍だが目を引くし、殺し合いをして血糊がべったりついたトラックを、メキシコの人たち(カルテツメンバーの家族?)が淡々と洗うところもなかなかに印象深いシーンである。

しかし、先日の「サプライズ」のようないわばB級映画と異なり、ちゃんとした骨格の元に組み立てられているであろう作品で、それがわかった方がサスペンス性が増すだろうし、その説明のためか前半では(退屈な)長ゼリフもあるのだが、実はストーリーがさっぱりわからんかった。「内容紹介(ネタバレ)」の記載は、下記にリンクしたネタバレサイトを読み漁って「なるほどそういうことだったのか……」をまとめたもので、これがわかるとかなりスッキリはするものの、依然として疑問も多い。

カウンセラーは、そもそもなぜ裏社会のビジネスに手を染めるのか? ウェストリーから、以前は興味なかったのに急にそんなことを言い出すとは、金のトラブルを抱えているからだろうと言われる場面があったが、そのトラブルが何かは不明。まさかローラに高価なダイヤモンドを買ったから、なんてことではないと思うが。

麻薬を強奪されたことでカルテツ側が怒り心頭に発するのはわかるが、運び屋を釈放しただけのカウンセラーにまで怒りの目を向け、その恋人を惨殺するのは「暇ですね」としか思えない。カウンセラーはルースの息子が運び屋だとは知らなかったわけだが、仮に知ってやったとしても、彼ばかりが標的にされるのは不思議だし、カウンセラーが殺されずローラが殺されるのも不思議。そもそも張本人のマルキナが無傷だというのもわからない。

ルキナとローラがプールサイドで親しく会話するシーンがあったが、この二人が知り合いなのはなぜ?

ルキナがウェストリーを標的に選んだ理由は? またあんなに街中で殺してしまって大丈夫なのか? 凶器の回収はしなくていいのか?

もう一度観ればいろいろと伏線が見えてくるのかも知れないが、もう一度観る気力は(時間も)ない。DVDが出たら借りてみるか……。いずれにしても、「最後に明かされる衝撃的な真実」なるキャッチは、あまりにも見当外れではないだろうか。

メキシコの麻薬カルテルに関するある程度の背景知識を前提としているようなフシもある。だとすると難しい。

監督

リドリー・スコットという名前には聞き覚えはあるけれど、「エイリアン」も「ブレードランナー」もオスカー(作品賞)を受賞した「グラディエーター」も、観ていないし関心がない。何を知っているのかと思っていろいろ調べていたところ、Appleの「1984」のCMも彼の監督だった。そりゃ知っているはずだ。ちなみに「ワールド・オブ・ライズ」も観ている。

配役

今日の英語

  1. I want you to touch me down there.(もっと下の方をさわって)
  2. We can change the subject.(話題を変えましょ)
  3. I'll be in touch.(あとで連絡する)
  4. "Are you hungry?" "I'm starving"(「腹へったか?」「ペコペコよ」)

リンク

脚本から起こしたみたいで、実際の映画とはずれている点もある。

この鑑賞録は素晴らしい。