織田との同盟成る/「軍師官兵衛」第八話「秀吉という男」

出演

粗筋

織田と同盟を結ぶべく官兵衛は岐阜に飛ぶ。なんとか信長の信頼を得ることができ、同盟成る。信長は官兵衛に銘刀「圧切(へしきり)」を授け、また中国攻めの大将として羽柴秀吉を指名する。

雑感

前回、小寺政職は、官兵衛を名代として織田の元に遣わせつつも、本当に織田と結んでよいのか思案のしどころ、などと不気味なことを呟いていたから何かの伏線かと思ったが、今回(恐らくはお紺に言われて)結局織田につくと再宣言。何の伏線でもなかった。

羽柴秀吉はすっかり官兵衛と意気投合するが、その裏で、竹中半兵衛を播磨へ遣わし、官兵衛の言うことが間違っていないか裏を取らせていた。こういう「裏」は好きである。