登場人物の年齢は(その1)

1850年

役柄   役者  
杉文 7 山田萌々香 12
吉田寅次郎 20 伊勢谷友介 38
杉百合之助 46 長塚京三 69
杉梅太郎 22 原田泰造 44
玉木文之進 40 奥田瑛二 64
小田村伊之助 21 大沢たかお 46
毛利敬親 31 北大路欣也 71

「花燃ゆ」がいつの時代まで描くつもりかわからないが、明治元年(1868年)までも18年あるから、今の役の年齢と役者の年齢が乖離しているのは、ある程度は仕方ない。しかし、幕末のドラマを見る時にいつも思うのだが、維新回天は若者の手によってなされた、ということはもっと強調されるべきではないか。

吉田寅次郎は満29才で死ぬ。寅次郎の教え子である松下村塾の塾生たちは、さらに若い。藩主の毛利敬親自体も若い。あの怖い玉木文之進ですら満40、うちの会社であれば若手扱いされる年代である。寿命の違いもあるが、そういう若いエネルギーが世の中を変える力になったことをきちんと表現するため、もっと意図的に若い役者を当てるべきだと主張したい。

(2015/1/12 記)