TV「信長協奏曲」第1話「高校生が戦国へ!? スニーカーで生き延びろ!! 戦国で見つける青春、友情、どきどき、恋」

放映日

  • 2014年10月13日

出演(エンドロールの登場順)

粗筋

  • 高校生のサブロー君が突然戦国時代へタイムスリップ。織田信長と入れ替わることに。
  • 美人の奥さんがいてウハウハ。でも実は戦略結婚で仲が悪くて奥さんは口が悪くて気が強い。でも兄弟げんかのとばっちりでひどい目に遭いそうになった時、恒興をはじめ家臣は、帰蝶に何かあったら道三との関係がこじれると織田家の心配ばかりしていて、サブローは「そんなことより帰蝶が心配じゃないのか!」と一喝。それを聞いていた帰蝶は……
  • 織田信清が土地を奪いに戦を仕掛けると聞いたサブローはあっさりくれてやることに。その土地を守るために命を懸けてきた家臣は信長に不信感を抱き始める。
  • 信秀は世継ぎに信長を指名。納得しない信行は謀反を起こす。戦になれないサブローは追い詰められ、幸福を余儀なくされるが、土地を譲られたことに恩を感じた信清が加勢にかけつけ、勝利する。
  • 人を殺してはいけないという信念のサブローは信行、勝家を赦免。感激した勝家は信長に仕えることを決意するが、納得しない信行は再度暗殺を企み、失敗して自刃。

雑感

  • ようやくDVDがツタヤに戻ったので借りてきた。が、予習が終わっても映画はもう終わっているだろうな……
  • 基本的には面白い。
  • 登場人物がみな現代の言葉を普通に喋っているのが気になる。わかりやすさとの兼ね合いでどこまで忠実にするかは意見の分かれるところであろうが、普通の時代劇程度の言葉遣いはしてほしかった。現代から来たサブローが本来は一人浮きまくるはずが、もちろん生活習慣その他で浮いてはいるものの、会話に関しては浮いていない。残念だ。
  • 原作漫画とはかなり変わっているが、それはよい。しかし史実と異なるのはいただけない。病死のはずの信秀が暗殺された程度は、まだいいとして、信行が信長に反旗を翻すのは、斎藤道三が義龍に負けて死んでから。しかし作品中ではまだ道三が生きていて、信行が死んだと聞き尾張取りに動き出す。これは「???」となる。漫画原作は、我々が知っている歴史とは違うが、なるほどこういう見方もあり得るか、と思える線を狙っているから面白いのだ。

(2016/4/2 記)