酔っ払いが世界を救った……のか!?「ワールズ・エンド」

出先で2時間半、時間が空いた時にちょうどぴったりの時間帯で上映していたため、観ることに。内容は全く知らない。タイトル自体、初耳だった。同じ映画館でばかり観ていると、そこの映画館で上映予定の作品は予告編をガンガン見せられるが、そうでない作品は無視される。そういう意味でも、いろんな劇場に通った方がいいのだ。

題名ワールズ・エンド(The World's End)
原作トレイシー・レッツ
監督エドガー・ライト
出演サイモン・ペッグ(ゲイリー・キング)、ニック・フロスト(アンディ・ナイト、弁護士)、パディ・コンシダイン(スティーブン・プリンス)、マーティン・フリーマン(オリヴァー・チェンバレン)、エディ・マーサン(ピーター・ページ、自動車販売店経営)、ロザムンド・パイク(サム・チェンバレン、オリヴァーの妹)、ピアース・ブロスナン(ガイ・シェパード)、他
公式サイト映画『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』大ヒット上映中!
制作イギリス(2014年4月12日日本公開)
時間109分
劇場立川シネマシティ(h studio)

内容紹介

悪ガキ仲間5人が大学を卒業する時に、伝説の「一晩で12軒のパブを梯子する」に挑戦したが、敢えなく中途で挫折した。20年経ってそこに悔いを残すゲイリー・キングは、昔の仲間に声をかけ、今度こそ完全達成をと誘う。

ゲイリーはずっと無頼な生活を続け、定職もなく、アルコール依存症で治療中であったが、他の4人はそれぞれに成功して家族も持ち、幸せにくらしていた。当初はゲイリーの誘いを拒否するが、結局断わりきれず、集まるのだった。そして梯子酒をはじめるが……

雑感

どんな田舎町にもパブがあると言われるイギリスならではの物語だろう。宇宙人(ロボット)が登場した時は、酔っ払いの幻想というオチかと思ったが、そうではなかった。実は自分は、最後まで夢落ち(酔っ払い落ち)なんだろうと思っていた。

観客はそれほど多くなかったが、笑いの沸点の低い人が多く、劇場内は終始笑い声に包まれていたため、一緒に笑えたのはよかった。

配役

今日の英語

  1. Out of order(故障中)