窓の向こうに

月に数回映画館に通う程度の映画ファンです。自分が見た映画やドラマの感想を書いています。

「鎌倉殿の13人」(37)

題名

  • 「鎌倉殿の13人」第37話「オンベレブンビンバ」

放送日

  • 2022年9月25日

今日の退場者

  • なし

概要

政子、大江広元らと新体制を始動させた義時は泰時を自身のそばに置き、強い覚悟で父・北条時政と向き合う。一方、時政を蚊帳の外に置かれ憤慨するりくは、娘婿・平賀朝雅を担いで対抗することを画策。三浦義村を誘い、反撃ののろしを上げる。北条家内の対立が激化する中、源実朝和田義盛のもとへ……。(NHKオンデマンドの解説より)

雑感

畠山を滅ぼしたことで御家人の時政に対する反感が強まったため、権力を御台に移し、執権を有名無実のものにしていく。これに反発したりくは、実朝を出家させて鎌倉殿から下ろし、平賀朝雅を次の鎌倉殿に据えようとする。そのたくらみを知った義時は、明白な謀反だと、時政を滅ぼす決意をする……

阿野全成の謀反騒ぎの時もそうだが、すべてをひっかきまわし、御家人の結束を乱そうとしているのはりくである。そのことは義時もトキューサも、政子だってわかっているはずなのに、なぜこれまで手を打たずにほっておいたのだろう。執権の正室だから、手を出せないのは建前である。こういう時のために善児が、そしてトウがいるのではないか。トウが善児を殺して思いを遂げた後も残っているのかどうかはわからないが。


映画ランキング

チューリップ ラストツアー

9月19日、NHKで「僕の“最後の歌”を届けたい~財津和夫 TULIPラストツアー~」が放映された。

以前、「チューリップ50周年ツアー」(2022-03-01)という記事を書いたが、このツアーをラストにすることに決めたとのこと。

タイトルに「財津和夫」と入っているのだから、当然の話ではあるが、財津を中心に話が進んだ。姫野、上田、宮城はほんの申し訳程度の出演。それでも姫野の歌唱曲は「心の旅」「銀の指環」の二曲が紹介され、上田がコーラスをつけるシーンもチラと映ったが、宮城が歌うシーンはなかった。こういうところがチューリップの残念な点だ。

財津も歌がすっかり下手になった。下手というのは失礼過ぎるかも知れないが、高音が出ない、声が伸びない。コンサートの観客は恐らくほとんどが僕らと同世代で、この人たちは頭の中で全盛期に補正して聴いているからいいだろうが、若い人がいきなり聞くと、自分の親たちは、なんでこの程度の音楽に興奮し、夢中になっているのだろう? と不思議に感じるかも知れない。

番組終了後、「魔法の黄色い靴」に合わせて歌ってみた。「おーそうだよ」のところもちゃんと歌える。よし、財津よりは声が出るぞ。まあ一回り若いのだから、当然といえば当然だが。

宮城のMC。「10年前、安部さんが、10年後にもし許されるなら、また皆さんの前で歌いたい、と言っていました。今回、このようなコンサートを開くことができ、安部さんも喜んでいると思います」と言ってくれた。その10年前の安部の映像が差し込まれたのはよかった。

魔法の黄色い靴(紙ジャケット仕様)

魔法の黄色い靴(紙ジャケット仕様)

Amazon


映画ランキング

「鎌倉殿の13人」(36)

題名

  • 「鎌倉殿の13人」第36話「武士の鑑」

放送日

  • 2022年9月18日

今日の退場者

概要

深まる北条時政畠山重忠との対立。りくを信じる時政は、源実朝の下文を得て御家人を招集。三浦義村和田義盛、稲毛重成らが集い対応を協議する。一方、手勢を率いて鎌倉を目指す重忠。板挟みとなった義時は、政子、時房らと事態の収拾を図る。そんな中、父・義時を心配する泰時は……。(NHKオンデマンドの解説より)

雑感

出だしからギャグが入り、笑える箇所があちこちにあったが、今年の大河ドラマ最大の鬱回でもあった。なにしろ、坂東武者の中で、最も見目麗しく、最も文武にすぐれ、最も人格者であった畠山重忠が追い詰められていくのだから。

「戦など、誰がしたいと思うかっ!」と叫んだ中川大志の鬼気迫る演技は、本ドラマの見せ場シーンを3箇所選んだとしたら、確実に入るであろう名シーンだった。

ただし、合戦のシーンはいただけない。これは本作がということではなく、大河ドラマを見ていていつも思うことだが、兵たちは、弓を持っているのになぜ矢をつがえぬ? 槍を持っているのになぜ突かぬ? 馬上から刀を振り回したって誰にも届かない。

畠山は高台の上に陣を張った。下からわーっと攻めてくる北条側の大軍に対して上から矢を射かけたら、かなりの打撃を与えられたであろうが、突進してくるのを待っている。何のために高台に陣を張ったのか。

畠山重忠北条義時の一騎打ちになったのも、ドラマツルギー的にいろいろ意図があったのだろうがこれでは合戦ではないし、文知派の義時が、武断派の際たる畠山重忠と、最後は負けたとはいえ互角に戦うのもおかしい。

後半はやりたい放題の時政(とりく)がついに御家人たちの怒りを買って失脚するところまで描かれた。畠山重忠が死んだのに畠山回にならなかったのもちょっとモヤモヤしている。


映画ランキング

「禁断の魔術」

題名

原作

放送日

  • 2022年9月17日

登場人物(レギュラー)

登場人物(NEW)

雑感

  • 湯川先生、まだ准教授なの!?
  • 福山雅治も歳を取ったな……。
  • 牧村朋佳があまり魅力的な刑事ではなかった。
  • 中村雅俊は、こういう厭な奴もうまい。本当に厭な奴だった。
  • 古芝秋穂は推進派だったはずだが、長岡修とはどこで接点があったのだろう。
  • 古芝伸吾と倉坂由里奈は付き合っているという設定なのか? しかし高校生を巻き込むのは感心しない。もっとも、伸吾から見たら別に好きではないから利用した、とも解釈できるが。
  • 21歳(撮影時は20歳)の森七菜に高校生役は無理があるように感じた。


映画ランキング

「カムカムエヴリバディ」第001話 再視聴

タイトル

「カムカムエヴリバディ」(1)「1925-1939」

雑感

約一年ぶりに見返してみた。今から見ると、(当時は気づかなかった)伏線の嵐なのでは? とちょっと期待したが、特にそういうことはなく、見るべきものは初回にちゃんと見ていたようだ。

ただひとつ、算太は長い間、安子とは年の離れた兄弟だと思っていたのだが(番組中にも特に説明はなかったが)、安子とは5歳違い。恐らく中学を出たばかりで半ば強引に菓子職人の修行をさせられたのだろうが、遊びたい盛りの年齢だ。修行に身が入らないのもわかる。

大河ドラマなどの初回は、大物キャラクターが顔見世で登場し、出演者数がすごいことになるのは珍しくないが、ここでは家族(安子と祖父母、両親、兄)と住み込みの職人三人、商店街は豆腐屋と荒物屋のみの登場。まずは安子を取り巻く人たちの性格や立ち位置が説明される。

杵太郎は、ラジオを聞いている人の顔が、おいしいお菓子を食べている時と同じだということから、ラジオの購入を決意する。

「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」(13)「凍った時間」

地上波での放映は(まだ)ないので、オンデマンドで見た日付で記事も一致させる。

題名

  • 凍った時間

登場人物

あらすじ

ムントは事故で脳以外はほとんど機械になったサイボーグだ。町を歩けば人々から奇異な目で見られ、そのため人目を避け、誰にも会わず、地下で一人で暮らしている。ある時、突然電気が消え、電話をかけてもどこにも通じない。外の世界に何かあったのかと、久しぶりに地上に出てみると、神経性の毒ガスが撒かれ、人々は道に倒れていた。マスクをかぶった人間が活動中。革命が進行していたのだ。ムントは革命のリーダーを狙撃。革命は失敗に終わり、平穏な暮らしが戻る。世界を救ったムントだが、人々はそれを知らない。また、ムントに差別的・侮蔑的視線を投げかけ、ムントは地下に戻る――

雑感

人知れず世界を救い、それを知らない人からさげすまれる、という話は面白いが、ムントが住むのは倉庫のような殺伐とした部屋で、そこそこの広さはあるが、ソファとベッドがあるだけで、本棚もテレビもないようだった。事故の補償もあっただろうに、なぜこんな部屋で暮らしているのか不思議である。

ガスで倒れた人はスマホを手にしていた。してみると物語は現代だ。だとしたらムントだってパソコンかタブレットスマホは必須だろう。緊急事態が起きて、電話で外界(?)と連絡を取ろうとするのはいつの時代の話かと思う。今ならまずネットを見るだろう。革命グループも、ネット上に何らかの声明を出しているのではないか。

なぜムントは毒ガスに平気だったのか。ロボットだからか。が、可能部が機械でも脳が人間のものなら、神経ガスにやられそうだ。地下にこもっていたから、といっても別に機密シェルターのような御大層なものではない。ただ普通の部屋で孤独にしていただけだ。その程度でガスを避けられたのなら、やられたのは道を歩く人だけで、世の中のほとんどの人は無事だっただろう。

話は面白いが、リアルに描くと粗もはっきり見えてしまう。59年以上前の話だが、時代劇として描くのか、現代の話として描くのか、現代の話として描くならば、もっときちんと作り直す必要があると思う。


映画ランキング

「鎌倉殿の13人」(33)-2

題名

  • 「鎌倉殿の13人」第33話「修善寺」その2

雑感(続き)

「北条氏の追討令を後鳥羽上皇に願い出ていることが発覚」したことをもって、頼家の「謀反が明らか」になったとするのは、いささか無理があったと思う。頼家は北条氏を滅ぼそうとしているのであって、鎌倉殿を討とうとしているわけではないからだ。自分の舅一族を滅ぼし妻を殺し息子を殺した北条が憎いだけなのだ。

もっとも北条氏からすれば、いまや鎌倉の実権を握る北条氏に盾突くこと、すなわち謀反であるという理屈なのだろうが、自分の立場を脅かす者はすべて敵、それがたとえ鎌倉殿であっても、という態度をここまであからさまにして、よく他の御家人が何も言わなかったものだ。比企を滅ぼしたことで、一気にそこまでの勢力になったということだろうか?



映画ランキング

「鎌倉殿の13人」(33)

題名

  • 「鎌倉殿の13人」第33話「修善寺

放送日

  • 2022年8月28日

登場人物

  • 嶺岸煌桜(源実朝)←登場は前回からかな……(子役だけど)

今日の退場者

概要

鎌倉では政子の次男・源実朝を鎌倉殿とする新体制が始まり、北条時政が執権別当に就任。時政を裏で支えるりくは実朝の正室を京から迎えることを進言し、娘婿である平賀朝雅を通じて後鳥羽上皇に願い出る。しかし御家人たちは派手に権力をふるう北条を敬遠。三浦義村の忠告に義時も苦笑する。一方、失意の源頼家は……。(NHKオンデマンドの解説より)

三浦義村修善寺を訪れると、頼家は、頼朝は石橋山で敗れたのちわずかな期間で大軍を再編成し、ついに平氏を滅ぼしたことを持ち出し、自分も必ず再起すると宣言、協力を呼び掛けるが断わられる。義村はすぐにそのことを鎌倉へ報告。頼家に要注意マークが付けられる。

畠山重忠修善寺を訪れると、時政は武蔵の国一帯を手中にするつもりでいる、武蔵守を朝廷に願い出ているとバラし、お前の国も時政に乗っ取られると警告する。その話は瞬時に鎌倉へ伝えられ、京都と通じているのではとイエローカードが切られる。そんなこと考えていませんよねと重忠は時政を牽制するが、時政はしどろもどろ。

八田知家が、頼家が京へ放った使いを捕らえ、北条氏の追討令を後鳥羽上皇に願い出ていることが発覚。これで謀反が明らかになり、時政、義時らは頼家を葬ることを決める。

企みを知った泰時はいち早く修善寺へ向かい、頼家に逃げるよう進言。が、頼家はどうせいつかは殺される、最後まであがいてやると笑い、猿楽を一緒に見るよう泰時に薦める。

猿楽の人たちの中に不審な人物がいると泰時が気づき、誰何。顔を挙げたのは善児だった。善児が誰かを知っている泰時は、斬りかかるが「お前は殺すなと言われている」と言い、これをかわすと頼家に斬りかかる。頼家も応戦し、形成は不利だったが「一幡」の文字を見た善児が怯んだ隙に致命傷を負わせる。が、トウが頼家に斬りかかり、絶命。

その場から逃げようとする善児に追いついたトウが「この日を待っていた。父母の敵」と善児を絶命させる。

雑感

タイトルは「終・善児」だった。源頼家はなんといってもつい先日まで鎌倉殿だった人であり、一方で善児は架空の人物に過ぎないが、善児の最期は心に染みた。

善児が宗時を手にかけたことを知った泰時が、自分はそれ以上に罪深いと目を伏せるところ、父上は間違っています、と食って掛かる泰時に「あいつはかつての私だ」と理解を示すところ、ひとつひとつが染みる。

武士は専門の軍人であり、殺し屋である。善児の武術が武士とそれほど差があるとは思えない。これまで自分はケガひとつ負わず使命を果たしてこれたのは、ひとえに「暗殺」だったからだろう。正体がバレて正面から戦えば不利だ。その意味で、善児を見破った泰時は手柄だ。

頼家といえば、初陣でインチキで獲物をしとめた(ことにされた)姿を視聴者は覚えているから、ついたいしたことないような気がしてしまうが、実際には武芸の達人だったとされる。恐らくその後鷹狩りに精を出し(三幡の臨終にも遅れるほど)、腕を上げたのだろう。アクシデントがあったとはいえ、善児に致命傷を負わせるとは見事。

そしてトウ。あちこちでいろいろ書かれていたのでだいたいわかってしまってはいたが、やはりあの時の(修善寺にいた)子であり、そして善児を恨み、敵を討つ機会を狙っていた。が、それは致命傷を負った善児の苦しみを長引かせないための介錯であった、とも取れる。

頼家は(善児が最初に手をかけた)千鶴丸の(異母)弟だが、泰時も千鶴丸の(異父)弟なのだな。これは気づかなかった。

ここまで殺伐としたドラマは記憶にない。いいぞもっとやれ。