窓の向こうに

月に数回映画館に通う程度の映画ファンです。自分が見た映画やドラマの感想を書いています。

最近の投稿

トップページを見ても変化がないので気づかないと思うのだが、ここ数日で下記の記事を投稿している。

もう少しサラリと書けるようになりたい(が、それが難しい)。


映画ランキング

「アリバイ崩し承ります」最終回「多すぎる証人のアリバイ」

出演(ゲスト)

  • 德光和夫(渡海一成、雄馬の父)
  • 西田尚美(藤枝ミホ、渡海一成の秘書)

概要

名越徹の焼死死体が発見された。名越は国会議員秘書であり、その議員とは渡海一成、つまり雄馬の父だった。捜査一課の面々は張り切るが、そこへ藤枝ミホから「犯人は渡海先生なのではないか」との情報が寄せられる。渡海先生は、これまでずっと地盤は息子の雄馬に譲るつもりでいたが、最近になって急に名越に譲ると言い出した。それは、何か名越に弱みを握られたからなのではないかと。

死亡推定時刻は渡海一成はパーティーの真っ最中。300人の来場者がいた。ただしその中に一人だけ後援会のメンバーでない人がおり、訪ねてみるとその人も殺されていた。名越殺しに関して何か事情を知っていて、口封じのために殺されたのだろうと思われる。連続殺人事件に動揺の色を隠せない……

雑感(ネタバレあり)

アリバイ崩しというのは、様々な状況証拠から、犯人はこの人しかあり得ないと思われるのに、その人に鉄壁のアリバイが存在する場合にはじめて「アリバイにトリックがあるのでは?」と考えるものだ。たいした根拠もなく犯人を決めつけ、しかもちゃんとアリバイがあるのに「このアリバイを崩さなくては」などと言い出すのは滑稽である。時乃が「私は渡海先生が犯人だとは思えないんですよねー」と不貞腐れるのは当然である。

ただし雄馬が「親父が犯人だとでも言うのか!?」と食って掛かるのも違うと思う。不愉快なのはわかるけど、犯人ではないと信じているなら、なおさら徹底的に調査をして、犯人でないことを証明すればいいだけのこと。少しでも怪しいと思った人は疑うのが刑事の仕事ではないか。このドラマでこういう突っ込みはしてはいけないのかも知れないが、せっかくのトリック崩しを際立たせるためにも、もう少し真面目に仕事をしてもらいたいと思った。

最終回だが、時乃に何か秘密があったとかいうこともなく、察時が検察庁に戻るということもなく、雄馬と時乃が婚約するということもなかった。村木キャサリンをはじめ、過去のゲストの誰かが再登場することもなかった。何の変化もない平板な最終回であった。

シーズン2があるなら見てみたい(SP版や劇場版はいらない)。


映画ランキング

(2020/3/16 記)

「麒麟がくる」第八回「同盟のゆくえ」

出演

あらすじ

二回ほど見逃してしまったが、美濃は尾張との同盟のため、信秀の子に帰蝶を嫁がせることにし、恐らくはその偵察で十兵衛が尾張へ行ったところまでが前回か。冒頭で織田信長登場。野山を駆け巡る信長は珍しくないが、海から魚を持って登場するのは珍しい。その場で自らさばき、切り身を民人に安く分ける。

美濃には海がない。尾張には海があり、魚が取れるだけでなく、他国から舟で品物が運ばれてくる、尾張の名産を他国へ運ぶこともできる、こうしたことから尾張城下は非常に豊かで栄えていた。美濃はこの海を手に入れるべく、織田と小競り合いを続けてきたわけだが、織田との同盟が成れば血を流さずに尾張の海を手に入れることができる。それゆえ、織田との同盟はするべきだし、そのために帰蝶は信長の許へ嫁ぐべきだと十兵衛は考える。

帰蝶は実は十兵衛のことを慕っており、十兵衛のお嫁さんになりたい、という気持ちもずっと持っていた。が、その十兵衛から尾張へ行くべきだと聞かされ、信長の嫁になる決意をする。

駒が京へ発つ。

今日の帰蝶&十兵衛

十兵衛「行かれるがよろしいかと。尾張へ。お行きなされませ」
帰蝶「十兵衛が申すのじゃ。是非もなかろう」

雑感

帰蝶が十兵衛に恋心を抱いていたのはみんな知ってたけど(十兵衛だけは知らなかったと思うけど)、いくらいとこで幼なじみだとはいえ、領主の娘と家臣である。この思いが成就するはずがない。そんなことはわかり過ぎるほどわかっているのだろうが。十兵衛の口から尾張へ行くように言わせ、踏ん切りをつけるところは痛ましいがカッコよかった。帰蝶川口春奈でよかった。


映画ランキング

(2020/3/18 記)

「アリバイ崩し承ります」第六回「最終章…凶器のアリバイ」

出演(ゲスト)

  • 間宮祥太朗(真壁剛士、組織犯罪対策課(組対)の刑事)
  • 木村カエラ(村木キャサリン、組対の刑事)
  • 斎藤陽一郎(平根勝男、被害者の上司)

概要

暴力団の抗争が起き組対がピリピリしている中、拳銃を使用した殺人事件が発生。死亡推定時刻は14~16時だが、15時に凶器となった拳銃が発見されているため、14~15時となる。被害者は真面目な会社員だが、上司の平根は暴力団に麻薬を横流ししていた疑いがあり、それに気付いた部下を口封じのために殺したのではないかと推測。が、平根には15時まで鉄壁のアリバイがあった。

雑感(ネタバレあり)

  • タイトルに「最終章」と銘打たれてたので、今回と次回(最終回)との前後編なのかと思ったが、一回で解決してしまった。
  • 時乃が察時管理官に拳銃を向け、「秘密を知られたからには生かしてはおけません」と真顔で呟くシーンが予告編で流れた。さすがに本当に殺さないまでも、時乃にはこれまで知られていなかった何か秘密があるのかと思ったが、単なるフェイクだった。時乃の真顔が見られたのは、それはそれでよかったけど、ちょっと後味悪いな。
  • 時乃を頼りにする察時は、前回は捜査会議の際に近くにいる時乃が聞き耳を立てるのを黙認(それ以前は追い出しにかかっていた)が、今回時乃はメモを持って席に座り、ちゃっかり捜査会議に参加しようとしていた。それを誰も咎めだてしないのは、さすがにおかしいだろう。まして部外者の組対の刑事もいるのに。
  • 雄馬は察時と時乃の秘密の関係に気付く……。いつも事件解決を時乃に頼っていた察時は、それがバレたら大変と焦るが、雄馬が疑っていたのは「二人が付き合っているのか」だった(これは、多分そうだろうなと思った)。
  • 事件解決の鍵になったのは察時の推理(本当は時乃の推理)だが、雄馬はそれを真壁の手柄にしてやる。前回もそうだが、こうした点、雄馬は結構友情に篤いのだ。
  • しかし被疑者を確保に行く時には、あらかじめ打ち合わせをしておけよなあ。被疑者の前で、察時以外の刑事が察時初めての推理を聞くというのは、ドラマツルギーとしてもおかしいと思う。この悪しき習慣は、自分は「美味しんぼ」で定着してしまったと思う。*1
  • 華々しく登場した木村カエラ、ではなくて村木キャサリンだが、あれで終わり? 次週も登場する?


映画ランキング

(2020/3/15 記)

*1:山岡が勝負の皿を出すと、味方のはずの東西新聞陣営から「あーっ、これじゃあダメだ……」「山岡、貴様はクビだ!」などの叫び声が聞こえる中、勝負の相手が「待てっ、これは……」とその真価に気付くというのがお約束のパターン。

「アリバイ崩し承ります」第五回「ダウンロードのアリバイ」

出演(ゲスト)

概要

身元不明の白骨死体が富岡真司宅の庭から発見された。富岡真司は三か月前の殺人事件の被害者だが、犯人は不明で未解決事件であった。白骨死体は、かつて富岡真司の経営する会社の経理担当で失踪中とされていた和田であることが遺留品からわかった。和田は会社の金を使い込み、バレそうになったため行方をくらましたと見られていたが、恐らく金を使い込んだのは富岡であり、その責任を押し付けられた上で富岡に殺されたのだろう。和田の妻は既に故人であるが、大学生の息子・英介がいる。真相を知った息子が富岡を殺したのでは……となると、三か月前の事件が一気に解決することになるが、英介にはアリバイがあった。

事件発生は11月20日の21時ごろ。その日英介は19時ごろから深夜0時過ぎまで友人の古川と一緒だった。三か月前なのに日付を特定できたのは、その日限定の配信サービスがあり、23時46分ごろ古川の目の前で英介がダウンロードしたから……

雑感(ネタバレあり)

古川と一緒にいたのは19日であり、ダウンロードは23時46分ではなく日付が変わった直後だったのでは、とは僕も考えたが、5時間以上も一緒に部屋で過ごし、その間古川が自分の携帯なり腕時計なりで時間を一度も確認しなかったのは不自然だ。これはちょっとご都合主義だなあと思ったが、時乃の指摘通り、古川が気付いたら殺人の実行をやめればいいだけの話。うまくいったから実行を決意したわけだ。なるほどうまくできている。

母親が亡くなって天涯孤独の身の上となり、止める人がいなくなって実行に踏み切ったというのもうまい。アリバイに関しては今回は概ね納得できる。

ただ、英介は、父親が横領した挙句家族を捨てて失踪したというのは冤罪であり、実は恐らく富岡に罪を着せられた挙句に殺されたのだ、という真相を、いつ、どうして知ったのか。普通なら「お父さんがそんなことをするわけがない」と思っても、そこから先には進めないものである。富岡の人間性を知るにつれて、それしかないと確信したか。

富岡真司殺人事件の担当は牧村だった。渡海雄馬はなんとか牧村に手柄を立てさせたいと振る舞う。結構いい奴。

時乃は検視官の樋口秀人から「おぼっちゃまはあんたのことが好きよ、ちょっとは気にかけてあげたら?」と言われて「えーっ!?」と驚く。雄馬のことは嫌いではないが、全くその気はないようだ。


映画ランキング

(2020/3/15 記)

「アリバイ崩し承ります」第四回「山荘のアリバイ」

出演(ゲスト)

  • 西利空(原口龍平、宿泊客)

概要

単身赴任の察時美幸は、休暇を家族と過ごすため急ぎ帰省したが、妻と娘はアイドルのコンサートに出かけてしまい、仕方なく一人でペンションに泊る。そのペンションで殺人事件が発生。県警の捜査で原口龍平が容疑者となる。察時は原口が犯人だとはどうしても思えないが、アリバイを崩すことができず、美谷時乃に協力を依頼する……

雑感

美谷時乃に付いて渡海雄馬も一緒にやって来る。察時、美谷、渡海のレギュラー三人が揃う。当初は犬猿の仲だった察時と渡海だが、原口が犯人だとは思えないという点で一致し、共闘する……あたりは大きな変化だ。相変わらず口ではいがみあっているが、今回はチームワークの良さも見られた。最終的にはいいバディになっていくのだろうか?

原口の潔白を信じて県警の刑事に訴える渡海の姿は、それなりに胸を打つものがあった。第一回、第二回あたりでは「厭な奴」と思っていたが、かなり好感度は上がっている。なかなかすごいドラマだなあ。

また第一回、第二回あたりでは美谷を信用しなかった察時も、今回は初めから全面協力を依頼するなど、かなり変わってきている。美谷は美谷で、察時に協力していることを(察時の要望により)隠すことにも協力していて、察時に対して何か特別な気持ちを抱いているのかとも思うが、今回察時の旅行先に遠征するのに渡海を利用する(渡海の自動車に乗せて来てもらう)など、渡海に対しても特別なものを見せている。美谷の真意はどこにありや?

今回は自宅の風呂ではなく温泉への入浴シーン。


映画ランキング

(2020/3/11 記)

「麒麟がくる」第五回「伊平次を探せ」

出演

あらすじ

十兵衛が斎藤利政に、鉄砲は破壊力は抜群だが、準備に時間がかかり過ぎ、連射も効かないため、戦に使えるとは思えない、と報告。利政は、では将軍が本能寺を通じて大量の鉄砲を集めようとしているのは何故なのか? と問い返し、もっと鉄砲について調査するように十兵衛に命じる。

十兵衛は鉄砲の仕組みを調べようとするが、素人では分解することができない。そんなときに伝吾が、地元の伊平次という職人が国友村で鉄砲の製造に関わっているという情報を入手。十兵衛は国友村まで出かけるものの、伊平次は既に国友村にはおらず、京の本能寺にいるという。そこで利政に願い出て再び京へ出かける。

京では三淵藤英や松永久秀と再会。運よく将軍・義輝にも拝謁でき、三淵の弟である細川藤孝とも知己を得る。

松永は十兵衛に、鉄砲が当たるか当たらないかが問題ではない、鉄砲を持っているというだけで戦が有利になると説く。逆に鉄砲を持っていなければ戦わずして降伏するしかないと考える者も出てくる、これからの戦の在り方は変わるぞと。

松永久秀を通じて十兵衛は伊平次とも会うことができた。松永は伊平次に鉄砲30丁の製造を依頼するが伊平次は断わる。松永の要求を聞けば、次は細川晴元から鉄砲50丁の製造を依頼され、それを知った義輝から今度は100丁要求される。そういうのはもうごめんだと。だが、鉄砲を分解してほしいという十兵衛の依頼は引き受ける。

今日の松永久秀

(二人で盛り上がっている十兵衛と伊平次に)「わしを置いて行くな! わしを忘れるな!」

雑感

  • 先週、足相撲とは何ぞやと書いたが、今回は女郎衆による実演があった。ちょっとエッチだがお座敷芸としては面白そう。畳がなくなってしまった現代では再現は難しそうだが。
  • 利政が鉄砲で的に命中させた時の無邪気なはしゃぎ方が可愛かった。
  • 十兵衛、今回の京への出張費用はすべて利政に負担させることに成功。
  • ハセヒロさんが鉄砲の改造を検討する様子は「八重の桜」の川崎尚之介を彷彿させる。わざと意識してそう演出している節がなきにしもあらず。
  • 駒が京へ帰ることになり、十兵衛への挨拶のため城から明智荘へ(徒歩で!)向かう。が、十兵衛は近江の国友村へ出かけた後で数日経たないと戻って来ない。メールはもちろん電話もない時代にはこうしたすれ違いは日常茶飯事だったか。しかし半年以上も美濃にいたわけだから、訪問前に手紙くらい書いておけばよかったのに……。
  • この時、駒は一人で往復するつもりだったが、危ないからと菊丸が同道する。菊丸はなぜ頼まれもしないのにこんな親切を申し出たのだろうか? 貧しい百姓にしてみれば、こんなことのために一日潰す余裕はないはず。駒に惚れたか……?
  • 十兵衛が京へ行った時に。駒・東庵とニアミス。十兵衛は気づかず、駒は「まさか十兵衛さまが京にいるはずがない」と見間違いだと思い込む。今後二人の再会はあるのだろうか。

登場人物の満年齢(1548年)

氏名 満年齢 役者の年齢
明智十兵衛 20 42
斎藤利政 54 54
松永久秀 40 61
細川晴元 34 66
三好長慶 26 65
細川藤孝 14 43
足利義輝 12 38

三好長慶細川晴元を支える重臣だが思ったより若くて驚いた。細川藤孝が十兵衛に真剣で斬りかかり、軽くあしらわれたのは、腕の差ではなく年齢の差だろう。


映画ランキング

(2020/4/2 記)

「アルキメデスの大戦」(BD)

フルーレイ視聴。

雑感

浜辺美波が見たくて借りてきたようなもの。うーん、何度見返しても美谷時乃と同一人物だとは思えない。

作品としては昨年夏に見たばかりだが、相変わらず面白い。菅田将暉柄本佑の「バディもの」という見方もできると思うがこの二人の掛け合いもいい。終戦時に田中正二郎が生きていたのか気になる。

戦争は悲惨だ、戦争は厭だ、二度と戦争を起こしてはならない。誰もが言うし、そして恐らくそう口にする人の大部分は心底そう考えているのだろう。が、戦争(大東亜戦争)を起こさないためには、あの時こうすべきだった、あそこでこういう選択をすればよかったのだ……という分析を、寡聞にして聞いたことがない。しかし、それがわからない限り、再発を防ぐことはできないはず。

この映画の冒頭は終戦間際だが、それは別にして、本作の肝の部分は大戦前である。しかし、この時代まで来てしまうと、誰が何を言ってももう大戦に突入することは不可避だったように思える。止めるならその前(それがいつかはわからないが)。ここまで来たら、戦争を少しでも早く、有利に、終えることを考えなければいけないということか。

アルキメデスの大戦 Blu-ray 通常版

アルキメデスの大戦 Blu-ray 通常版

  • 発売日: 2020/01/22
  • メディア: Blu-ray


映画ランキング

(2020/4/1 記)