「コーヒーが冷めないうちに」(BD)

ブルーレイ視聴。

雑感

  • 時田数は、物語の前半では全く笑顔を見せない。新谷亮介が、彼氏いるの? と訊くと、彼氏どころか友達もいないと答える。昨年映画を見た時には聞き流していたが、彼女はこうしてずっと、自分は幸せになっちゃいけないと自分を押さえ続けて来たのかと思ったら胸に来るものがあった。
  • その彼女が変わったのは、母に会えたこと、誤解が解けたことも大きいだろうが、やはり新谷亮介との出会いなのだろう。彼女の心を溶かしたのは、なんといっても亮介なのだ。終盤、特に結婚して子供が産まれてから、ずっと笑顔でいる彼女を見て、本当に良かったなと思った。

コーヒーが冷めないうちに 通常版 [Blu-ray]

コーヒーが冷めないうちに 通常版 [Blu-ray]

(2019/8/23 記)

どこまでがフィクションなのか「新聞記者」

いろいろあって今年はこれまで全く映画が見られなかったが、先日の参議院選挙の時にも話題になっており、見てみたかった。今年初めての映画。

題名新聞記者
原案望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)、河村光庸
監督藤井道人
出演シム・ウンギョン(吉岡エリカ、東都新聞の記者)、岡山天音(倉持大輔、吉岡の同僚)、郭智博(関戸保、吉岡の同僚)、北村有起哉(陣野和正、吉岡の上司)、松坂桃李(杉原拓海、内閣情報調査室官僚)、本田翼(杉原奈津美、拓海の妻)、長田成哉(河合真人、杉原の同僚)、田中哲司(多田智也、杉原の上司)、高橋和也(神崎俊尚、杉原の外務省時代の元上司)、西田尚美(神崎伸子、俊尚の妻)、宮野陽名(神崎千佳、俊尚の娘)、高橋努(都築亮一、神崎の後任)、他
公式サイト映画『新聞記者』公式サイト 6月28日(金)全国公開
制作日本(2019年6月28日公開)
時間113分
劇場イオンシネマ 港北NT(スクリーン5)

雑感

  • 伊藤詩織さんの事件ぽい話やら、森友学園問題ぽい話やら、昨今話題の事件が割と具体的に(それとわかるように)取り入れられており、裁かれるべきと思われる人が裁かれず、しかもそれに同調するかのような人が少なくない「現実」を見ていると、ここで描かれているようなことは一概にフィクションだと言い切れない、これに似たようなことは実際に行なわれているのではないかと思わされる。なかなか後味の悪い映画だった(これは誉め言葉である)。
  • ただし、このような映画が製作され公開されている、少なくともその程度には今の日本は自由なのである、ということが確認でき、少し安心もした。
  • ラスト、吉岡記者はなぜあんなに焦って走ったのか、杉原は口を動かして音声が流れて来なかったけど何を吉岡に言おうとしたのか。よく意味がわからなかった。が、そのわからなさを含めて、不気味でよいエンディングだった。

リンク

新聞記者 (角川新書)

新聞記者 (角川新書)

(2019/8/20 記)

「いだてん~東京オリムピック噺~」第七回「おかしな二人」

「神回」という言葉は安易には使いたくないが、今回は目の醒めるような回だった。

出演

概要

三島弥彦は、帝大卒業後の進路の問題や家族の反対のこともあって、オリンピック出場を拒んでいたが、嘉納治五郎の巧みな説得もあり、ついに出場を承知することに。

四三はオリンピック出場は快諾したものの、渡航費・滞在費あわせて1800円(現在だと数千万円くらいか?)もの費用を用意しなければならないと言われ、絶望的な気分になる。仕方なく兄に泣きついて無心するものの、裕福ではない金栗家で何とかなる金額ではないことは四三も承知している。

野口源三郎らは、国の代表としていくのになぜ国が負担しないのかと四三に詰め寄る。四三は、詳しい事情は知らないものの、その件で嘉納治五郎が苦労していることを感じているため、文句を言えない。美川秀信は、四三の兄はケチだし四三が走ることに反対しているから金を作ってくれるはずがないという。思い余って嘉納に相談にいくものの、打ち明けられないでいると、何事かを察した嘉納は、自分のコートを質に入れ、その金を四三に渡し、これで服をあつらえるように、これは日本体育協会ではなく嘉納治五郎個人からだと告げる。

ストックホルム行きが決まると、英会話や行儀作法も学ばねばならない。弥彦は自宅を研修の場に提供する。講師は大森安仁子。西洋式の作法など知らない四三は厳しく怒鳴られ料理の味もわからず怯えるばかり。弥彦は、優雅で、もちろん行儀作法をわきまえているばかりか、ピアノを弾き、最近はカメラに凝っているという。その弥彦は四三に向って、いい家族がいて良かったね、と語るが、こんなに恵まれている弥彦が何をいうかと弥彦をいぶかしむ。

弥彦はシマに手伝わせて写真の現像をするが、これはうまく撮れた、といって取り上げたのは、自分を「三島家の恥さらし」呼ばわりする母・和歌子の肖像だった……

一方、熊本では実次が四三のためになんとかしようと金策に走り回る。スヤの紹介で玉名村の庄屋である池部の家へ借金の無心に行くが……

雑感

すべてに恵まれているように見える三島弥彦にも、求めて得られないものがあった。「母は兄にしか興味がない、兄は金にしか興味がない。ま、期待されていない分、気楽なものさ」と言いつつ、自棄になったりもしないし、他人を羨んだりもせず、学業にもスポーツにも抜群の成績を残していくのだが、寂しさを隠せない。お、といって取り上げたのが四三でもシマでもなく、母の写真だった時はぐっときた……

(2019/3/10 記)

「グッドワイフ(TBS)」第五話「夫婦の条件」

出演(ゲスト)

概要

  • ちなみは数矢の無名時代から支え続けた糟糠の妻だが、人気歌手となった和也には愛人がおり、7年前から別居・離婚協議中。
  • 数矢の資産が約20億であることから、杏子(+多田)は財産分与+慰謝料で11億を請求するが、栗山は6000万が妥当と主張。
  • 数矢が唯奈と早く結婚をしたがっている(そのため早くちなみと離婚する必要がある)ことをみてとった杏子らは、早期解決の代わりに価格交渉に成功しかける。が、そんな矢先に、数矢が事故を起こして意識不明となる。
  • 検査の結果、バイクの運転前に睡眠薬を飲んでいたことがわかり、ちなみに殺人未遂の嫌疑がかかる……
  • 一方、長年ないがしろにされてきたと感じた脇坂怜子は、夫に競技離婚を持ち掛け、代理人として杏子を指名。無事に話し合いが済んだ後、杏子へお礼の代わりに、杏子の家に脇坂博道が盗聴器をつけていることを教える。
  • 盗聴器の存在を確認した杏子は壮一郎にそれを告げ、壮一郎は脇坂に、これをネタに保釈を要求。

雑感

  • 栗山が多田と別れたのは、多田は自分のことを心から愛してはいない、他に好きな人がいるのでは? と感じたためだったが、多田が杏子と仕事をしている様子を見て、それが誰のことかわかったという。本人は否定しても周囲にはバレバレ、というのは多田らしいが、いい年をした大人が、しかも弁護士職にある人間が、ここまで感情が周囲に筒抜けというのもいかがなものかと思う。小泉孝太郎だから許されるけど。
  • ついに壮一郎がシャバへ出てくることに。

配役

  • 芦名星は名前に憶えがある。「八重の桜」で神保雪(手籠めにされた子か?)

(2019/3/10 記)

「いだてん~東京オリムピック噺~」第六回「お江戸日本橋」

いろいろ用事があってリアルでは見られず、ようやく少し時間の余裕ができた時にはタイムシフトの彼方に消え去ってしまっていた。あと一日早ければ……

NHKオンデマンドで見ればいいんだけど、ま、いいか。
(2019/3/8 記)

「疑惑」(テレビ朝日)

2月3日(日)放映。津川雅彦の遺作。津川は昨年8月に亡くなられているので意外だ。撮影後、なぜ放映まで半年近く空けたのか。

原作

出演

雑感

  • 映画はよく知っているが、過去4回もテレビドラマ化されていたとは知らなかった。そうなると毎回特色を出さなければならず、今回の見どころは「白河球磨子が佐原卓子に恋をする」というところか。まあ、米倉涼子黒木華の路チューは確かに見物ではあったが。
  • TVドラマとしては十分楽しめた。ただ、粗もたくさん目についた。
  • このドラマの肝は、誰がどう見ても球磨子が犯人だろうと思うが違った、という点にある。だから無罪を勝ち取った佐原は批判されるし、自身も葛藤を感じるのである。誰がどう見ても、というのは、動機もそうだが、球磨子なら人ひとりくらい平気で殺すだろう、と思える人間であることが必須だ。しかし本ドラマにおける球磨子は、確かにホステスの顔を焼いたり家を騙し取ったりする程度には「ワル」であるが、人が平気で殺せるかというと、そこまでには感じられない。黒木華は悪ぶってもどうしても人の好さが顔に出るし。
  • 真相解明がお粗末。靴とスパナは実はこのように使われたのです、といくら佐原が力説しても、それは「そういう可能性もあり得る」という程度に過ぎず、とても藤原好郎の目撃証言を覆せるとは思えない。それを裏付ける証拠が提出されなければ意味がなく、この点はいくらなんでもお粗末であった。
  • 佐原卓子は黒いものでも白くする敏腕弁護士という設定のようで、それはそれで面白いと思ったが、大貫由紀の存在が中途半端。公式サイトで説明されているエピソードは本編では語られず、何のために登場してきたのかわからなかった。
  • 白河福太郎が球磨子を見初めたのがキャバクラ、というのは今風なのかも知れないが、話が安っぽくなってしまう。銀座のクラブだからこそ地方からでも通うのであり、キャバクラだったら何もわざわざ都心まで通わなくても熱海にだってあるやろ? と思ってしまう。

(2019/3/8 記)

「グッドワイフ(TBS)」第四話「過去との決別」

出演(ゲスト)

  • 須藤理彩(荻原奈津子、蓮見一家が一軒家に住んでいた時の杏子のママ友)
  • 佐藤緋美(荻原翔平、奈津子の息子・野球部所属)
  • 霧島れいか(宇佐美沙織、蓮見一家が以前住んでいた地区のボス的存在)
  • 沢林太郎(宇佐美友也、沙織の息子・野球部所属)
  • 前田旺志郎(中村明宏、野球部所属)

概要

  • 勇人の級友である翔平に殺人の嫌疑がかけられた。翔平は杏子に助けを求める。
  • 翔平一家は、以前、杏子らが高級住宅街に住んでいた時の近所。当時杏子は奈津子と親しくしていたが、杏子がスキャンダルに巻き込まれると、掌を返したように杏子のあることないことを触れて回るようになる。
  • 勇人は、そんなやつを助けることはないというが、奈津子はともかく、翔平は自分を頼ってきたのだから見捨てられないと杏子は言う。
  • 杏子らの調査の結果、真犯人は別にいることがわかったが……

雑感

  • 疑いが晴れた後、奈津子は杏子にこれまでのことを謝罪し、「連絡するから、また一緒にランチしたりしましょう」と言う。が、杏子は「いいえ、そんなことを言ってあなたは決して連絡なんかよこさないわ」と冷たく言い放つシーンは震えた。
  • その後、円香みちるが杏子を飲みに誘うシーンはなかなか良かった。みちるは悪い人ではないらしい。
  • 祥平の疑いが解けたのは良かったが、真犯人はやはり同じ学校の生徒でかつてのご近所さんだったから、爽快感はない。

配役

(2019/3/8 記)