パニック映画「クロール ―凶暴領域―」

題名クロール ―凶暴領域―(Crawl)
監督アレクサンドル・アジャ
出演カヤ・スコデラリオ(ヘイリー・ケラー、大学生)、バリー・ペッパー(デイヴ・ケラー、ヘイリーの父)、モリファイド・クラーク(ベス・ケラー、ヘイリーの姉)、他
公式サイト映画『クロール ―凶暴領域―』公式サイト
制作USA(2019年10月11日日本公開)
時間87分
劇場TOHOシネマズ日比谷(スクリーン8)

概要

ヘイリー・ケラーは水泳の選手だが、予選タイムがイマイチで選手選考に漏れた。その時、姉ベスから「お父さんと連絡がつかない」との電話がかかってくる。ヘイリーの両親は離婚、姉は結婚して家を出、自分も大学の寮に入っており、父は一人暮らし。ちょうど超大型ハリケーンが近づいてくるとのニュースがあり、心配したベスが父に電話するも返事がない、とのことらしい。

自動車で飛ばせば3時間くらいだから直接様子を見てくる、と父の家に向かう。近くまで来たところで警官に、間もなくこの地区は洪水に見舞われる可能性があり進入禁止、といわれるが、ちょっと様子を見るだけ、と制止を振り切って家に向かう。

自宅で父を探すと、地下室に大けがを負って倒れていた。既に地下室はハリケーンの影響で半ば水没しており、水かさは増すばかり。父親を引きずって脱出を試みるが、なんとその巨大なプールの中にはワニがいて、ヘイリーたちに襲い掛かってきた。父が重傷なのはワニのせいだったのだ!

雑感

  • わずか87分と短い作品だが、短くて良かった。これ以上長かったら神経が持たない。十分すぎるくらい堪能した。怖かった。
  • 雨、風、洪水などの自然災害に対する恐怖を描いたものと思い込んでいたが、そうではなく、これは凶暴化したワニと人間との闘いを描いたものだった。水の中で、ろくな武器を持たない人間が、複数のワニと闘って勝てるわけはないが、そこは知恵を総動員し、決死の思いで対抗していくところがすごかった。ちょっと不死身過ぎる気もしなくもなかったが……(それは言わない約束)。
  • ワニが次々と人間を殺していくところが怖かった。え、この人まで死んじゃうの? というほど情け容赦がない点は「見えない目撃者」を彷彿させる。パニック映画はこのくらい容赦がない方がいいのだ。
  • ヘイリーは水泳選手として自信をなくしており、一家離散になったのも自分のせいだと思い込んでいた。が、水泳選手だったためにワニの猛攻から生還でき、父の命を救うこともできて自信を取り戻していく、という設定も良かった。

アリゲーターというワニ

登場するワニがクロコダイルなのかアリゲーターなのか、気になっていた(作中では、少なくとも字幕では、明言されなかった)。エンドロールで「See you later, alligator.」という言葉が紹介されていたため、アリゲーターだとわかったが、少々不思議。というのは、玉井雪雄の「IWAMAL」という漫画で、クロコダイルとアリゲーターの見分け方として、「ワニのいる岸辺に立ってみればわかる。生きていればアリゲーター。クロコダイルだったら川に引きずり込まれる」という説明があったように、アリゲーターはいきなり人間に噛みつくほど凶暴ではないはずなのだ。

もっとも、「IWAMAL」という漫画に描かれていることがすべて正しいとは限らない。Wikipediaによれば、クロコダイルは「家畜や人を捕食することもある」、アリゲーターは「稀に家畜や人を襲うこともある」とあって、それほど差がないように読める。もちろん、Wikipediaが正しい保証はどこにもないわけだが。

このアリゲーターは近くの動物園か植物園で飼われていたものが、ハリケーンで施設が壊され、脱走してきたもの、という設定だったと思う。パニックに陥って凶暴化した、ということか。それにしてもなんでこんなに何匹もいるのだ!?

今日の英語

  1. I killed the one.(一匹殺した)
  2. See you later, alligator. After a while, crocodile.英辞郎 on the web より)

(2019年11月17日 記)

過去記事

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」

予告編も見たことないし、宣伝も知らなかったけど、へぇーこんな映画やっているんだ、と思ったら急に見たくなった。

題名108~海馬五郎の復讐と冒険~
監督・脚本松尾スズキ
主題歌星野源
出演松尾スズキ(海馬五郎、脚本家)、中山美穂(海馬綾子、五郎の妻)、LiLiCo(エイドリアン、五郎の前妻)、栗原類(道夫、五郎とエイドリアンの子)、坂井真紀(海馬マリ、五郎の妹)、宍戸美和公(堀切すみれ、五郎の秘書)、秋山菜津子(砂山美津子、五郎の旧友にしてセックスフレンド)、岩井秀人(糸井、五郎の悪友)、大東駿介(聖矢、ホスト)、土居志央梨(あずさ、高級コールガール)、堀田真由(赤井美月、五郎のファン)、乾直樹(ドクタースネーク、綾子が追いかける相手)、酒井若菜(?)、他
公式サイト映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』公式サイト | 大ヒット公開中!
制作日本(2019年10月25日公開)
時間102分
劇場TOHOシネマズ日比谷(スクリーン2)

概要

海馬五郎は脚本家であり、オーディションの審査員であり、エッセイストであり、大忙しの日々を送っている。ある日、自分のファンと称する女性から見せられた妻のSNSには、妻の不倫行為が記されていた。怒り、傷ついた五郎は離婚を考えるが、今離婚すると財産分与で1,000万円近く渡さなければならなくなると聞いて、その金を使って女を買うことで復讐を果たそうとする……

雑感

  • オレはこの作品に何を期待していたんだろう、と自問自答。まあ、おっぱいがいっぱい見られたからよしとするか。
  • こういう作品を目にすることが、映画を数多く見るようになったな、と実感する部分でもある。月に一本しか見なかったら、絶対にこうした作品は選ばないから。

配役

  • 酒井若菜は気付かなかったな。どこにいたんだろう。

(2019/11/13 記)

映像美「アド・アストラ」

これも劇場で見られて良かった。

題名アド・アストラ(Ad Astra)
監督ジェームズ・グレイ
出演ブラッド・ピット(ロイ・マクブライド)、リヴ・タイラー(イブ・マクブライド、ロイの(元)妻)、トミー・リー・ジョーンズ(クリフォード・マクブライド、ロイの父)、ルース・ネッガ(ヘレン・ラントス、火星基地の責任者)、ドナルド・サザーランド(トム・プルーイット、ロイの監視役)、他
公式サイト映画『アド・アストラ』公式サイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
制作USA(2019年9月20日日本公開)
時間123分
劇場TOHOシネマズららぽーと横浜(screen 6)

概要

ロイ・マクブライドはどんな時でも冷静沈着なことで知られる宇宙飛行士。一方人間関係をうまく築くことができず、離婚も経験している。父親のクリフォードは地球外生命体とのコンタクトを求めて天王星まで出かけたが、事故で死亡。

ある日、地球は大規模なサージ現象に見舞われ、多くの犠牲者が出た。当局は、16年前に消息を絶ったクリフォードが海王星付近でまだ生きており、そこで用いられていた反物質装置がサージを引き起こしたものと推定する。そこでクリフォードへの伝令役としてロイが指名され、海王星へ出かけていくことになった……

雑感

正直、ストーリーはよくわからない部分が多かった。反物質装置とはどのようなものを想定しているのかわからないが、たかがいち宇宙船の持つエネルギーが、しかも海王星付近という遠距離から、地球の存続を危ぶませるような影響を与えられるとはとても思えない。また、16年間、地球と全く何の通信も行なわず、たった一人で生き続けるということが、物理的にも(食糧とか排泄とか水とか空気とか病気とか)精神的にも(人間はそんな孤独に耐えられるものなのか)可能であるともとても思えない。

ただ、映像美が素晴らしかった。宇宙空間もそうだし、宇宙船の中での(無重力状態での)人間の挙動にも興味深いものがあった。このあたりは「ゼロ・グラビティ」「オデッセイ」などを経て撮影方法も進化していると思われる。これは劇場でないと味わえない。見てよかった。

日本語タイトル

「Ad Astra」はラテン語で、「To the stars(星の彼方へ)」という意味。米国カンザス州の標語に「Ad astra per aspera.」(困難を克服して星を目指そう)があるが、これは英語圏では有名な言葉らしく、英語圏の本や映画などでたびたび登場するとか。だとすれば、英語圏の人にとっては意味はわかるのかも知れないが、いくらなんでも邦題がカタカナで「アド・アストラ」はないだろう。

(2019年11月13日 記)

「蜜蜂と遠雷」

21日、「見えない目撃者」に続けて見る。一日に二本なんて、どのくらいぶりか。これも劇場で見られて良かった。

題名蜜蜂と遠雷
監督・脚本石川慶
原作恩田陸
出演■コンテスタント/松岡茉優(栄伝亜夜、かつての天才少女)、松坂桃李(高島明石、サラリーマンピアニスト)、森崎ウィンマサル・カルロス・レヴィ・アナトール、ジュリアードの王子様)、鈴鹿央士(風間塵、蜜蜂王子)、福島リラ(ジェニファ・チャン)
■音楽関係者/眞島秀和ピアノ調律師)、光石研(菱沼忠明、作曲家)、アンジェイ・ヒラ(ナサニエル・シルヴァーバーグ、マサルの師)、斉藤由貴(嵯峨三枝子、審査員)、鹿賀丈史(小野寺昌幸、指揮者)
■その他/臼田あさ美(高島満智子、明石の妻)、ブルゾンちえみ(仁科雅美、カメラマン・明石の元同級生)、片桐はいり(クローク)、平田満(田久保寛、ベテランステージマネージャー)、他
公式サイト映画『蜜蜂と遠雷』公式サイト
制作日本(2019年10月8日公開)
時間114分
劇場TOHOシネマズ日比谷(スクリーン11)

概要

  • 芳ヶ江国際ピアノコンクールは三年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目されている。出場する多くのコンテスタントは、おのれの人生を賭けてコンクールに挑む。
  • 本作では特に栄伝亜夜、高島明石、マサル、風間塵を追う。

雑感

  • 正直、ストーリーはイマイチだったが、ピアノの演奏はとても良かった。これはテレビで見ていても到底味わえないもの。頑張って劇場にきた甲斐があった。
  • コンテスタント同士はもっとピリピリしているのかと思ったが、意外に仲が良い。
  • 当初、栄伝亜夜、高島明石、マサル、風間塵の四人がファイナルを争うのかと思ったが、そういうわけでもなかった。

映画「蜜蜂と遠雷」 ~ 河村尚子 plays 栄伝亜夜

映画「蜜蜂と遠雷」 ~ 河村尚子 plays 栄伝亜夜

映画「蜜蜂と遠雷」〜 福間洸太朗 plays 高島明石

映画「蜜蜂と遠雷」〜 福間洸太朗 plays 高島明石

映画「蜜蜂と遠雷」 ? 金子三勇士 plays マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

映画「蜜蜂と遠雷」 ? 金子三勇士 plays マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

(2019/11/9 記)

「見えない目撃者」

時間が作れないでいるうちに公開から一ヵ月が経ってしまい、上映している劇場は数えるほどになってしまったが、なんとか無理して見に行って良かった。これは劇場で見ないと面白くない。

題名見えない目撃者
監督森淳一
出演■家族/吉岡里帆(浜中なつめ、元警官・盲目)、松大航也(浜中大樹、なつめの弟)、松田美由紀(浜中満代、なつめの母)
長者町警察署/大倉孝二(吉野直樹、捜査一課・強行犯係の刑事)、田口トモロヲ(木村友一、捜査一課・強行犯係の刑事、定年間近)、浅香航大(日下部翔、生活安全課少年係所属の刑事)、酒向芳(高橋修作、捜査一課・強行犯係の刑事、木村らの上司)
■その他/高杉真宙(国崎春馬、目撃者)、渡辺大知(横山司、名簿屋)、栁俊太郎(桐野圭一、風俗店スカウトマン)、國村隼(平山隆、元刑事)、他
公式サイト映画『見えない目撃者』公式サイト
制作日本(2019年9月20日公開)
時間111分
劇場TOHOシ丸の内TOEI

概要

  • 2011年の韓国映画のリメイク(知らなかった)。
  • なつめは前途有望な(?)警察官だったが、ある時、弟を乗せて運転中に不注意から事故を起こして弟を亡くし、自らも視力を失う。警察を辞め、テープの書き起こしなどの仕事を細々と続ける日々。
  • ある時道を歩いていて、接触事故を起こしたと思しき自動車に近寄り様子を伺うと、後部座席に女性が監禁されていたことに気付き、通報。が、目の見えない人間がどう「目撃」したのかと、警察ではまともに取り合ってくれない。しかし自分の誤解だったとはどうしても思えないなつめは独自に調査を始め……
  • ミステリーかと思ったが、事件の全容と犯人は比較的早い段階でわかる。それ以降は、証拠を消そうとする犯人とのサスペンスフルな追いかけっこ。こういうタイプの作品を見るのは久しぶりだが、大画面であればこそ。引き込まれたし、見て良かったとしみじみ思った。

雑感

  • 事故の原因となった不注意運転は、ちょっと信じがたいほど愚かな行為。自分なら運転中にあのようなことは決してしないし、やるなら自動車を停めてする。不注意というにはあまりに軽率な行為で、現役警官であればなおさらだ。まあ、だからこそ罪悪感に苦しみ、心身症にかかって長く病院通いをすることにもなったのだろうが。
  • なつみの目撃証言が警察で信用されないのは仕方のないことであろう。「見ていない」のだから。おまけに精神病院への通院歴もわかり、本人の妄想なのでは、とも疑われる。吉野刑事の身長や昼食に食べたものを当てて、見えなくてもわかることもあると証明し、少しずつ信用してもらうのだが……なぜ元刑事であることを告げなかったんだろうか? 訓練を受けた人間だとわかれば、無碍にされることもなかったと思うが。
  • 主人公に寄り添い、こちらがだんだん感情移入した人が次々に死ぬ。えーっというような人が死ぬ。あまりにも無慈悲だけど、サスペンスドラマだからな。そこがいいのだ。しかし、アノ人とアノ人は死ぬかと思ったら死ななかった。あの状態から生き返るのはちょっとフェアじゃない。あのまま死ぬべきだった(笑)。
  • クライマックスで犯人となつみが対峙する。なつみは拳銃を持っているが、犯人の位置がわからないと撃てない。犯人は、音を立てなければ気付かれないと、靴を脱いで静かに近寄る。あわや、というところで亡き弟の力を借りて犯人の居場所を特定。泣かせるシーンだ。
  • 春馬は、当初はなつみに反発するが、だんだんと行動を共にする中でなつみに親近感を抱き、最後は信頼関係でガッツリ結ばれる。もうおじさんとしてはニマニマしながら二人を眺めていて、事件が終わったらどうする? ねえどうする? え? 付き合っちゃう? 付き合っちゃう?? などと思っていたのだが、特にそうした関係を示唆するシーンはなし。春馬を助けるために命懸けだったのは「自分のせいで亡くした弟の代わり」という説明はちょろっとあったから、うーん、弟のように感じていた(だけ)なら、付き合うのはナイか……。

配役

  • 吉岡里帆高杉真宙、ともに初めて知った役者だが、実によかった。特に吉岡の「目の見えない」演技は絶品。本当に目を瞑ってしまうと多分、危険だから目は空いている。が、微妙に相手から視線をずらすことで見えていないことを表現。本当に見えていないようだった。なかなかできることではない。
  • 松田美由紀を初めて見た(調べたら初めてではなかったが記憶になし)。アノ人の妻でアノ人とアノ人の母親だから、どんなにすごい人かと思ったら以下略。

(2019/11/5 記)

「3人の信長」

「我こそが信長」と主張する3人の信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメント! だそうである。

題名3人の信長
監督・脚本渡辺啓
出演TAKAHIRO(信長・甲)、市原隼人(信長・乙)、岡田義徳(信長・丙)、髙嶋政宏(蒲原氏徳、今川軍の残党)、相島一之(瀬名信輝、今川義元の元家臣)、前田公輝(半兵衛、瀬名信輝の部下)、坂東希(朽木ハル、戦国大名の妻、信長へ恨みを抱いている)、奥野瑛太(?)、他
公式サイト映画「3人の信長」オフィシャルサイト
制作日本(2019年9月20日公開)
時間106分
劇場TOHOシネマズ日比谷(スクリーン3)

概要

金ケ崎の戦いで敗戦・逃走中の織田軍。浅井軍だけではなく、桶狭間の戦い以来没落の一途の今川家の旧家臣も信長に恨みを抱き、行方を追いかけている。ついに信長を捕えた、といって連れてきた家臣が三人。信長が三人集まってしまった。むろん、二人は影武者に違いない。影武者を処刑しては今川家の家名に傷がつく。なんとか本物の信長が誰かを見極めようとするが……

雑感(ネタバレあり)

  • 前半で、三人が三人とも自分が信長だと主張するシーンはなかなか見応えがあった。途中からだんだん面白くなくなっていくのが残念。
  • 写真というものがなく、テレビもネットもない時代。信長の顔を誰も知らなくても致し方ないが、それにしても、影武者というのはもう少し本人に似た人がなるものなのではないか。TAKAHIROと市原隼人岡田義徳では全然似ていない。これでいいのか。
  • 奥野瑛太は、公式サイトのキャスト欄には名前が出て来ない。映画.COMでは名前は紹介されているが何の役なのかは記載なし。ずいぶん低い扱いだが、そりゃ名前は出せないし、出したとしても何の役かは言えんわなあ。
  • ここでネタバレだが、もともと、信長には影武者が二人いる、という情報を持っていて、本人+影武者で三人を捕えたわけではない。本人だと思って捕えた相手が三人いたわけだ。だから、この三人のうち「少なくとも二人は本人ではない」ことはわかるが、「三人のいずれかが本人である」かどうかはわからない。自分は最初から「三人とも影武者ではないのか?」と思っていた。で、まあ、この予想が当たるので、本人の登場は意外というほどではなかった。本人が三人の影武者より格好良かったのが唯一の見どころか?

(2019/11/5 記)

これは正真正銘の名作「デーヴ」(VHS)

「記憶にございません!」を見ていて、何か既視感があるなと思ったら、先行するハリウッド映画に「デーヴ」があったことを思い出した。これはVHSビデオで持っているのだ。

題名デーヴ(Dave)
監督アイヴァン・ライトマン
出演ケヴィン・クライン(デーヴ・コーヴィックおよびビル・ミッチェル大統領:二役)、シガニー・ウィーバー(エレン・ミッチェル、大統領夫人)、フランク・ランジェラ(ボブ・アレグザンダー、大統領特別補佐官)、ケヴィン・ダンアラン・リード大統領補佐官)、ヴィング・レイムス(デュエイン・スティーヴンソン、護衛官)、ベン・キングズレー(ゲイリー・ナンス、副大統領)、チャールズ・グローディン(マーリー・ブラム、町の会計士)、アーノルド・シュワルツェネッガー(本人役)、ラリー・キング(本人役)、他
制作USA(1993年8月28日日本公開)
時間110分

概要

デーブは職業紹介の事務所を運営する市井の人。容姿が大統領に似ていることから、大統領の物真似芸も時々披露している。

ホワイトハウスのスタッフが、どうしても大統領の影武者を用意する必要に迫られ、デーヴに目を付けた。実はお忍びで愛人に会いに行く間のアリバイ作りが必要だったのだ。一晩だけということで納得して話を受けたデーヴだが、愛人とイタしている時に脳梗塞になり、危篤状態に陥ってしまう。

本来ならば副大統領の出番なのだが、ボブはアランと語って、デーヴを本物のビルとして存続させ、彼を操って自分らの傀儡にしようとたくらむのだ。これは重大な憲法違反であり、デーヴはそれは問題だと感じるが、バレれば自分もタダでは済まないとボブに脅され拒否できず、ボブ役を続けることになる。

当初はボブらに言われるままに行動していたデーヴだが、福祉予算を削ろうとする動きに対して反対意見を述べると、お前は意見を言うなと封じ込められる。そこでデーヴ時代の知人マーリーをひそかに招集し、予算の修正案を作成。閣僚会議の場で披露する……

雑感

  • さすがはハリウッドという見事な作品。これと「記憶にございません!」を比較すると、後者が中身のないスカスカなものに思えてしまう。
  • 最初は政治のことなど何もわからないので、言われるままに動くしかなかったが、徐々に政治に目覚め、自分らしさを発揮していく変化が興味深い。
  • デーヴに感化され、次第に影響を受けるアランと、目覚めたデーヴとよりいっそう対立していくボブとの対比が面白い。
  • いくら仲の冷え切った仮面夫婦とはいえ、一緒に暮らす相手が夫本人かどうか、妻が気づかないわけはないと思うが、一緒に孤児院を訪問した時はまだボブ当人だと信じていたように思われる。ただ、バレた時にそのきっかけを訊かれて「一緒に出かけた時に私の胸をチラチラ見ていたから。あの人は私の胸なんか見ない」というのはおかしくもあり、哀しくもある。このエレンがデーヴに徐々に惹かれていくところがいい。やはり、どんな話もロマンスがからんでいた方が盛り上がる。うまく絡められれば、だが。
  • デーヴは、福祉予算の増額という施策を、とにもかくにも実行する。福祉予算の増額がただちに善政なのか、議論の余地はあろう。また実際には大統領でもなんでもないデーヴがそんなことを決めてよいのかという問題もあろう。だが、あとを引き継いだゲイリー副大統領がこの施策に影響を受け、自分はボブのやってきたことを受け継ぐだけだと言い切るほどなのだから、確かな足跡を残したと言えるだろう。
  • 大統領のためには命を投げ出す、とためらうことなく言い切っていたデュエイン護衛官が、大統領と思っていた人が実は民間人だったことを知った時に、自分はこの人のために死ねるだろうかと悩むところがいい。そしてデーヴのことを知ったあと、あなたを守るためなら命を懸けると告げるところもいい。
  • デーヴが再び大統領役をボブと入れ替わるところも見事である。元々(売れない)芸人であるという設定が生きている。
  • 一歩一歩階段を昇ることにしたと、市会議員を目指すデーヴ、そしてホワイトハウスを出てデーヴのもとに来るエレン。ラストもうまく締めくくっている。
  • さすがに映像の鮮明さには欠けていた。ブルーレイで買い直そうかな?

配役

デーヴ [Blu-ray]

デーヴ [Blu-ray]

(2019/10/30 記)