今年最初の一本「ワールド・オブ・ライズ」

題名ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)
監督リドリー・スコット
出演レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)、ラッセル・クロウエド・ホフマン)、マーク・ストロング(ハニ・サラーム)、ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)
公式サイトワールド・オブ・ライズ
制作USA(2008年12月20日公開)

  • 基本的に面白かったけど、正直なところ、筋立てがよくわからなかった。中東戦争モノは背景知識がプアなため、予備知識なしだとわかりにくい。
  • あの頭巾をかぶせられての拷問シーンなどは、実際の事件を連想させ、ちょっと気分が悪い。
  • 連続テロ事件の首謀者を追いかけるCIA局員のロジャーと上司のエド。現地の協力者であるヨルダン情報局のハニ。この三人の騙しあいがテーマということか。ただ、騙すとか嘘とかいうよりも、本当は、内緒で(極秘で)作戦を実行するということ。どこにスパイがいるかも知れない状況下で、緘口令を敷くのはある意味当然であり、嘘というのは当たらない気もするが、当事者にしてみれば、騙された、裏切られたという気分なのかも知れない。
  • エドは嘘をつくことをなんとも思っておらず、ロジャーにも黙って作戦を進めることもしばしば(ロジャーから見れば、邪魔される)。だいたいその作戦が成功しないのがご愛敬だが……。ロジャーはなるべく誠実であろうとしているようだが、彼が思いついた作戦を実行する時はハニに嘘をついた。ハニは、作戦協力に当たっての唯一最大のルールは嘘をつかないことだと宣言し、ロジャーにもそれを厳しく守らせようとするが、最後の最後で彼自身が大ウソをついていたことが判明。……ということらしいのだが、その大ウソがなにか、わからなかった。どなたか解説を求む。
  • ロジャーがCIAを辞め、現地に残るのは、CIAのやり方に嫌気がさしたためか、アイシャを本気で好きになったからか……。ラストでロジャーがアイシャを見守るシーンがあった。人によると、あれはアイシャではなく、彼女の姉だった。それがロジャーの本当の狙いだったのだ、という説もあったが、そもそも「ロジャーがアイシャを見守るシーン」に気づかなかったので……
  • 罪もない人を大勢巻き添えにする無差別テロは、許されることではない。その犯人を追うという大義名分のためとはいえ、ロジャー自身も平気で人を殺す。作戦実行のため無関係の人を関係者に仕立てたあと、当人が殺されてしまった時は、多少は気が咎めたようだが、それだけ。こちらからみれば、ロジャーたちも決して正義の人でもなんでもなく、テロリストたちとたいして変わりはしない。そういう点での後味の悪さもある。現実とはそうしたものかも知れないが、娯楽作品としては、ちょっとどうかな。
  • ラッセル・クロウの顔は知っているが、彼の出演する作品を観るのは、これが初めて。
  • ファラハニはイランのトップ女優、アメリカ映画は本作がデビュー。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]

参考リンク