こういう映画が観たかった「ウルヴァリン」

封切と同時に観たかったのだが、種々の事情で果たせず、結局今になってしまった。が、観られて良かった。こういう映画が観たかった。

題名ウルヴァリン:SAMURAI(原題:The Wolverine)
監督ジェームズ・マンゴールド
出演ヒュー・ジャックマン(ローガン、ウルヴァリン)、山村憲之介(若い頃の矢志田)、ハル・ヤマノウチ(現在の矢志田)、真田広之(シンゲン・ヤシダ、矢志田の息子)、TAO(マリコ・ヤシダ、シンゲンの娘)、スヴェトラーナ・コドチェンコワ(Dr. グリーン、矢志田の主治医)、ウィル・ユン・リー(ケンイチロウ・ハラダマリコの幼馴染)、ブライアン・ティー(ノブロー・モリ、マリコの婚約者)、福島リラ(ユキオ、ローガンのボディガード)、ファムケ・ヤンセンジーン・グレイ、ローガンのかつての妻)、他
公式サイト映画『ウルヴァリン:SAMURAI』オフィシャルサイト
制作USA、オーストラリア(2013年9月13日日本公開)
劇場イオンシネマ新百合ヶ丘

雑感

サスペンスフルな展開、アクション、美女との恋愛。バランスよく配置されており、娯楽作品として非常に楽しめた。こういう作品が観たかったんだと思う。

最後までわからなかったのは、なぜローガンはジーンの夢を見るのか(それも悪夢を)という点。一応説明らしきものはあったのだが、執拗に回想シーンが出てくる割に説明はあっさりしており、納得できない。

他にも細かい点でよくわからない部分があったので、観終わったあとであれこれ調べてみたら、この作品はもともとはマーベルコミックが原作であり、アベンジャーズの一員とか。映画に限っても「X-メン」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」、さらにそのスピンオフの「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」が公開されており、本作は「X-MEN ZERO」の続編に当たるとのこと。そりゃわからんわけだ。ローガンは一貫してヒュー・ジャックマンが演じている。あのジャン・バルジャンがねえ。まあジャン・バルジャンも超人的な力を持つ正義のヒーローと言えなくもないか。

配役

今日の英語

  1. "It's not safe."(「まだ危ない」)
  2. "Master Yashida is dying."(「ヤシダは死にかけている」)
  3. "I know we're going to die. We're all going to die."(「彼らが死ぬのはわかる。みんな死ぬ」)

リンク