なつかしの踊る大捜査線(高橋克実)

室井慎次の部下として高橋克実が登場しているというので、もう一度「歳末SP」こと「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」を見る。青島巡査部長を湾岸署へ戻すよう発せられた通達が守られていないのを調査に行った室井警視の部下に、確かに高橋克実がいた。ハゲていないからわかんなかったよ!

内田という名前がついていたそうだが呼ばれないし、セリフもないに等しい役だ。これでは印象に残らないのも無理はないが、逆に「スピンオフの限界に挑む」として制作されたドラマの主人公に内田が選ばれたのはわかる。

高橋克実はそれなりに実績のある役者だが、そういう人をこういう役で使ってしまうということもあるのだなあ。こういう役は、いわゆる大部屋役者がやるものだと思っていた。