なつかしの踊る大捜査線(仲間由紀恵)

踊る大捜査線」は好きだった。TRICKでおなじみ(僕にとって)の仲間由紀恵が「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」に出演していたと知り、そうだったかなーと思って見直してみた。これは1997年12月の放映だから彼女が18歳の時。TRICK初回放映の約3年前なので、それほど時間的な差があるわけではない。

殺された被害者の孫、という役柄で、ショックで一時的に口がきけなくなり、かつて同じ経験をした柏木雪乃(水野美紀)に接して喋れるようになる、というのはよく覚えているのだが、顔を覚えていない。本当に仲間だったのか? 結論からいえば、確かに仲間だった。それに、以前書いた水川あさみと違い、比較的長く登場し、顔もしっかり映っていた(特徴的な長い髪とロングスカートもそのままだ)。でも印象ないなあ。

このスペシャル版はゲストが豪華だ。犯人役を稲垣吾郎が好演しているほか、広末涼子伊藤英明古田新太谷啓などが効果的に登場した。当時17歳の広末涼子は既にブレイクしていたから、当時としても豪華ゲストだったのだろう。登場時間は短いが印象的だ。一方、エンドロールを見ると、仲間由紀恵はその他大勢の扱いだった。もっともDVDではスペシャルコンテンツの「主な登場人物」の中にちゃんと含まれている。その後大ブレイクしたため、「格上げ」されたのだろう。

で、あとから確認してみると、室井慎次柳葉敏郎)の部下として内田(高橋克実)が登場しているというのだ。高橋克実は知っている(「官僚たちの夏」で知った)役者だが、全く気づかなかった!

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル 完全版 [DVD]

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル 完全版 [DVD]