すてごろ―梶原三兄弟激動昭和史(DVD)

DVD視聴。

題名すてごろ―梶原三兄弟激動昭和史
原作・脚本真樹日佐夫
監督光石冨士朗
出演哀川翔真樹日佐夫)、奥田瑛二梶原一騎)、内田裕也(牧野武朗:少年マガジン編集長)、國村隼内田勝少年マガジン編集者)、真樹日佐夫大山倍達)、松方弘樹(柳川二郎)、赤井英和(羽根田:関東一の喧嘩屋)、中山忍(屋台のおでん屋で一緒に飲んだ女)
制作日本、2003年

  • キャストが非常に豪華なので、他の「真樹映画」とは違うのではないかと期待して見たのだが、まあ、それなりに面白くはあったが……
  • 副題が「梶原三兄弟激動昭和史」となっているが、末弟の日佐志は登場はするけどこれといって話には絡んでいない。梶原と真樹の兄弟を描いたものだろう。また、昭和史と銘打っているが、まあ梶原一騎の作品群は昭和史を作ったといえなくもないが、途中で差し込まれる東京オリンピック大阪万博、あとなんだっけ、そういったものに彼らが絡んでいるわけではないので、少々誇大なタイトルではある。
  • それより、本題が「すてごろ(素手喧嘩)」なんで、喧嘩の話が中心かと思ったのに、それは一部で、冒頭は彼らの父親の話が少し、少年時代の話が少し、梶原一騎力道山の知己を得、講談社から声がかかり、巨人の星をものにするまでの経緯があれこれ、真樹が極真会に入門し、本部指導員になるまでが少し、トップ屋としてのエピソードがひとつ、苦労して書いた小説がオール讀物新人賞を受賞する話と、あらすじを追いかけているような感じで、焦点がぼけ、まとまったストーリーというものに乏しい。もっとテーマを絞ってじっくり描いた方が良かった。芦原英幸がちらっと出てきたが、出てきただけで終わった。あれはなんだったんだ。
  • 豪華キャストだが、真樹日佐夫自身が大山役で登場するのだけはいただけない。どうしても出るならばせめてサングラスは外すべきだった。大山倍達にサングラスのイメージはない。かけることもあるけど、真樹が常用しているものとは形も色も違う。その上額が大きい……若いころから髪は薄かった。そして、稽古の時には日本手拭を頭に巻いていた。真樹とはイメージがかけ離れている。無理に大山(に扮する真樹)の演武をする必要はなかったし、もっとふさわしい役者がいたはず。真樹プロでこれからも映画を作っていくなら、真樹の出たがりは押さえてもらわねばなるまい。

すてごろ~梶原兄弟激動昭和史 [DVD]

すてごろ~梶原兄弟激動昭和史 [DVD]