ワル(DVD)

劇場公開されたもの? オリジナルビデオ?

題名ワル 序章/ワル 序章2
原作・脚本真樹日佐夫
監督中田圭
出演高橋祐也(氷室洋二)、嘉門洋子(美杉)、船木誠勝(島)、萩野崇(宇津木)、三田佳子(教頭先生?)、岡崎礼(氷室の手下)、ジョニー大倉(ヤクザの組長)、児島美ゆき(養父の愛人)
制作日本、2004年

  • 真樹日佐夫原作の古い漫画の映像化。子供の頃にチラと読んだ覚えがあるが、ほとんど知らない。長い話のはずで、これも序章1、2のあと、ずっと続いているのかと思ったが、ネットを調べた限りではここでいったん終わりのようだ。ここ数年、真木プロダクションは真木自身あるいは梶原原作の格闘漫画の映像化に熱心のようだが、ディスコグラフィくらい、ホームページにきちんと情報を置いて欲しいものだ。
  • 船木誠勝とか、ジョニー大倉とか、岡崎礼とか、「新・空手バカ一代」で顔なじみの面子が再び結集。なるほど。船木はちゃんと役者として演技をしていたので驚いた。あえてうまいとは言わないが、十分一人前の役者だった。一方、美杉役の嘉門はちょっとひどかったな。顔とスタイルは確かにいいが、あれでは単なる色ボケだ。真樹日佐夫も……やたらに登場しまくっているが、ちゃんとした役者を起用しようぜ……
  • 格闘シーンは、「新・空手バカ一代」「ボディガード牙」などと比較すると、一番映像処理的にはまともだった。なにしろ、戦っている様子を正面から映さず、ストップモーションをはじめ、さまざまな「効果」で映像処理を行ない、気づいた時は勝った方が立っていて負けた方が倒れているというパターンなのだから。ボロが出ないという意味では良かったのだろうが、このドラマの数少ない魅力は、高校生でありながら天才的な、いや悪魔のような剣の才を持つ氷室が、剣道の道場生、ヤクザやボクサーなどといかに戦うかにあるのに、それをボカしてしまってどうするんだー。
  • 原作の長い話を詰め込んだことによる飛躍あり過ぎの展開や、高校生でありながらヤクザとつながりを持つ荒唐無稽さなどは置いておいて(言い出したらきりがないため)、美杉が氷室を好きになった理由がさっぱりわからない。真木は若い頃は相当にもてたそうだが、本当なのか? もてたというのは、全部飲み屋のネーチャンじゃないのか?
  • 何人もの女と付き合っていたなら、これだけ女心が描けないのは不思議だ。真木は喧嘩が強くて有名な作家で金を持っていて見てくれもいい。これならどこの飲み屋に行ってもモテモテだろうが、それは女と付き合った数には入らないだろう。まあ、男を描くことだけ考えて、女のキャラクターの性格設定はわざと類型的でかつ主人公に都合がいいように設定しただけ、ということなのかも知れない。

過去記事

ワル 序章 [DVD]

ワル 序章 [DVD]

ワル 序章 2 [DVD]

ワル 序章 2 [DVD]