ビートルズファンクラブの元会長が明かす在りし日のビートルズ「愛しのフリーダ」

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」がアレだったからあまり期待しないで行ったため、期待外れだと腹が立つことはなかったが、それにしても詰まらない映画だった。なんでこんなことになってしまうんだろう。「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」は面白かったのに。

題名愛しのフリーダ(GOOD OL' FREDA)
監督ライアン・ホワイト
出演フリーダ・ケリー、アンジー・マッカートニー(ポール・マッカトニーの義母)、リンゴ・スター、ニール・アスピノール(ロードマネージャー)、他
公式サイト映画「愛しのフリーダ」公式サイト
制作USA、イギリス(2013年11月29日日本公開)
時間86分
劇場ヒューマントラストシネマ渋谷

内容紹介

フリーダ・ケリーはブライアン・エプスタインの秘書で、ビートルズ・ファンクラブの会長だった人。彼女が沈黙を破ってビートルズについて語った。

雑感

面白いエピソードもあったけど、映画としては退屈だった。しかし86分と比較的短くまとめたため、飽きるというほどではなかった。なんでこうなるのかな。

フリーダの話している時間がとにかく長い。確かに11年という長期にわたってバンドを支え、ビートルズのメンバー全員から愛された人物である。魅力的ではある。が、冷たい言い方だが、僕らはフリーダのことが知りたくて劇場に足を運ぶわけではない。ビートルズに興味があるから映画館に行くのだ。スピーチが訓練された人間ではない。10分20分ならともかく、彼女の語りで話をまとめるのは無理がある。

なぜかビートルズの曲があまりかからない。「アンナ」とか「ツイスト・アンド・シャウト」「プリーズ・ミスター・ポストマン」など、ビートルズがカバーした曲の別のアーティストによる演奏(オリジナル?)が聴けるのはまあいいとしても、ビートルズの曲でもなくビートルズがカバーした曲でもない他アーティストの演奏が流れても、興味を引かない。

ビートルズの、当時の映像や写真がふんだんに使われていて、それは良かったのだが、現在のメンバーで出演してくれたのはリンゴ・スターだけ。だけといっても他にはポールしかいないんだけど、ポールのコメントがなぜ取れなかったのだろう。価値が半減とは言わないけど、残念ではあった。

などと文句も書いたが、ビートルズのエピソードは面白かったな。1972年ごろ、フリーダが結婚して妊娠し、仕事との両立が難しくなる。仕事の代わりはいるとしても、ファンクラブの代表の代わりはなかなかいない。どうしようかジョージに相談した時、「君はビートルズを見届けたんだ。終わりにしよう」と言われ、それでファンクラブを解散することにした、というエピソードは良かった。ジョージの人柄が(フリーダの人柄もだけど)忍ばれる。