「グッドワイフ(TBS)」第一話「家族の裏切り」

常盤貴子主演というので興味を持ち、見てみた。日曜の夜は時間的に辛いが。アメリカのTVドラマ「The Good Wife」のリメイクらしい。

出演

  • 常盤貴子(蓮見杏子、弁護士)
  • 唐沢寿明(蓮見壮一郎、杏子の夫・元東京地検特捜部長)
  • 滝藤賢一(佐々木達也、壮一郎の元部下)
  • 吉田鋼太郎(脇坂博道、壮一郎の後任の特捜部長)
  • 博多華丸(林幹夫、壮一郎の顧問弁護士)
  • 相武紗季(遠山亜紀、壮一郎の不倫の相手?)
  • 小林喜日(蓮見隼人、杏子の息子)
  • 安藤美優(蓮見綾香、杏子の娘)
  • 高林由紀子(蓮見幸枝、杏子の姑)
  • 小泉孝太郎(多田征大、神山多田法律事務所の共同経営者・杏子の司法修習時代の同期)
  • 賀来千香子(神山佳恵、神山多田法律事務所の共同経営者)
  • 水原希子(円香みちる、神山多田法律事務所のパラリーガル
  • 北村匠海(朝飛光太郎、神山多田法律事務所の新人弁護士)
  • 末永みゆ(佐竹凛子、て誰?)

出演(ゲスト)

  • 武田鉄矢(日下部直哉、キャスター)
  • 野間口徹(小宮竹生、多田のフットサル仲間)
  • 野田あかり(浜口玲奈、行方不明になった女児)
  • 泉澤祐希(浜口直樹、玲奈の父)

概要

  • 蓮見杏子の夫が突如収賄容疑で逮捕された。壮一郎はこの件に関しては否認しているが、新聞記者の女性と不適切な関係を持ったことは認めた。杏子やその子たちはショックを受ける。杏子はかつては弁護士として活躍していたが、妊娠と同時に引退し、専業主婦となっていた。夫が収監され、離婚も視野に入れなければいけない状況で、16年ぶりに弁護士復帰を目指す。
  • 司法修習時代の同期で現在共同経営者である多田が誘ってくれたため、神山多田法律事務所で働くこととなったが、実は同じく新人の朝飛光太郎と半年間比較し、いい方を一人のみ正式採用するとの条件だった。
  • 最初に手掛けた事件。ニュースキャスターの日下部直哉が、世間を騒がしている幼児誘拐事件に関して、犯人は誘拐された子の母親で、育児ノイローゼから子供を殺したのだ、だからいくら探しても見つかるわけがないと自分の番組で断言。世間から激しい非難を浴びせられた母親は自死を遂げる。怒った夫が日下部を名誉棄損で訴えようとするが……
  • 円香みちるはかつて蓮見壮一郎び下で三年間働いたことがある。が、壮一郎に首を切られた。「あまりご主人を信用しない方がいいですよ」と杏子に言う。

雑感

  • ネットで、泉澤祐希が光っていたとの感想を読んだ。「白夜行」で武田鉄矢にいじめられる子ね。なるほど確かに存在感がある。
  • 武田鉄矢が嫌な人間の役を本当に嫌に演じてくれたため、見ていて腹立たしくて仕方がなかった。金八先生のイメージが強いが、たまに悪役をやると強烈である。こういう役の人は最後にぎゃふんと言わせてほしいが、ぎゃふんとは言わないまま終わったのは消化不良。もっとも嘘がバレたから、番組終了後にぎゃふんと言っているのだろうが。
  • 杏子の手掛けた事件は解決したが、壮一郎の汚職事件は進展がなかった。こちらは全編を通じて明らかになるということか。

(2019/2/3 記)