おホモだちの話「J・エドガー」

クリント・イーストウッド監督作品は「チェンジリング」「ヒア・アフター」についで3作目。イーストウッドも既に81歳、それでこんな作品を作れるのか。才能もそうだが、体力がすごい。

題名J・エドガー(原題:J. Edgar)
監督クリント・イーストウッド
出演レオナルド・ディカプリオジョン・エドガー・フーヴァー)、アーミー・ハマー(クライド・トルソン、エドガーの盟友にして愛人? FBI副長官)、ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンティ、エドガーの秘書)、ジュディ・デンチ(アンナ・マリー、エドガーの母親)、他
公式サイトJ・エドガー
制作USA(2012年1月28日公開)
劇場109シネマズ港北

感想

事前に想像していたものとはかなり違った作品だった。FBIの初代長官であるジョン・エドガー・フーヴァー(実在の人物)の生涯を描いたもので、アメリカ人にとっては意味のある作品だろうが、名前も知らないし、劇中のエピソードも何一つわからず、全く興味の持てない人物だったので、その点少々退屈だった。

1919年、まだFBI自体が存在する前から、1972年に死ぬまで、ディカプリオ、アーミー・ハマーナオミ・ワッツが一貫して演じる。1919年はエドガーは24歳、ヘレンは同年代かもっと若いだろうが、ちょっと老けていた(ディカプリオは37歳、ワッツは43歳)。が、1960年代から70年代にかけての三人の老けぶりは、メイク・演技ともに見事の一語に尽きる。これは一見の価値ありだ。

配役

ジュディ・デンチは「007 カジノ・ロワイヤル」でのM役が印象に残る。「チャリング・クロス街84番地」にも出ていたみたいだが何の役だったろう?

今日の英語

エドガーがヘレンに求婚するが即座に振られる。この時のヘレンの返事は「私にとっては仕事が第一です(だから結婚など考えておりません)」というもの。これを「Works comes first for me.」と言っていた。こういうcomeの使い方もあるのか。

FBIフーバー長官の呪い (文春文庫)

FBIフーバー長官の呪い (文春文庫)

リンク