「軍師官兵衛」第46話「家康動く」

出演

粗筋

  • 秀吉逝去。
  • 長政ら朝鮮にいた兵が帰国。みな、疲れ切っているが、なんのねぎらいも恩賞もなく、三成への不満が渦巻く。恩賞どころか、三成は小西行長のタレ込みを理由に清正、長政らを処罰しようとする。
  • 家康は、小西行長が加藤、黒田、福島らを訴えたことを告げ、これは理不尽だから自分が預かると告げる。これで加藤、黒田、福島らは家康に取り込まれていく。
  • 家康は秀吉の遺言を無視して勝手に縁談を進めたりし、(三成が頼りにする)前田利家と対立。が、利家は病にかかっており、官兵衛の薦めを受け入れて家康と和睦する。
  • ほどなく前田利家が亡くなった。
  • 淀は大阪城からおねを追い出すよう画策。おねは官兵衛に、「豊臣の天下は秀吉一代だと思っている。そのあとは、天下人に相応しい人がなればよい」と言って驚かす。
  • 長政らは三成を急襲。三成は家康のところへ逃げ込む。長政らは引渡しを要求するが断わる。官兵衛は家康の真意を見抜く。行かされた三成は必死で兵を集めるだろう。そして三成に兵を挙げさせ、その上で敵を根こそぎ叩き潰す……つまり、天下を取ろうとしているのだと。
  • 国中の大名が家康につくか三成につくか迫られるだろう。大殿はどちらに……? と問う子分の前で「わしは我が道を行く!」と決意を述べる。

雑感

ついに官兵衛が立ち上がる! 誰かのためでなく、自分の力で天下を手中にしようとようやく動き出すのだ! ……あれ? 大河ドラマも既に46話が過ぎ、残りわずかに4話。ここから野望編のスタートですか!

有岡幽閉後の官兵衛は黒官兵衛になったとか言われたけど、相変わらずのお人よしで外見以外は特に変わりはなかった。が、この「我が道を行く!」とつぶやいた時の岡田君の顔は、ギラギラと自分の欲望に忠実になっていて、とてもよかった。

このドラマの世界においては前田利家は存在しないと思っていたから、突然の登場には驚いた。案の定、登場したと思ったら15分で死んでしまった。出てきたばかりの人が死んでも、なんの感慨もない。どうせ前田利家を出すのなら、これまで、利家が必要な場面はいくらでもあったろうに。

秀次もそうだし吉太夫もそうだが、この作品は、本当に、死ぬために出てくる人物が多い。50回という長い長い時間があるのだ。この回でこの人物を殺そう、ではこの辺りで登場させ、この辺りでこのエピソードを入れて視聴者に印象付けて、……というような「構想」はなかったのだろうか。

(2014/12/22 記)

リンク