第38回日本アカデミー賞

27日、日本アカデミー賞の発表があった。

最優秀賞

雑感

永遠の0」が8部門を制覇。2012年の「八日目の蝉」(10部門)には及ばなかったが、昨年の「舟を編む」(6部門)は上回った。

作品賞の候補は、他に「紙の月」「小さいおうち」「蜩ノ記」「ふしぎな岬の物語」。観ていない「ふしぎな岬の物語」以外は、どれも水準より上の作品だったと思うが、話題性から「永遠の0」なんだろうな。

実際「永遠の0」は確かに映画としては悪くなかった。しかし、8部門も押さえるほどの作品だったかどうか。どうも日本アカデミーは特定少数の作品だけが対象になっているような印象を受ける。「トリック劇場版」「女子ーズ」などがノミネートされないのはわかるけれど、「麦子さんと」「ジャッジ!」「抱きしめたい」「サンブンノイチ」「晴天の霹靂」「捨てがたき人々」などが全くかすりもしていないのは残念である。

主演男優賞は、まあ岡田君で文句なしとしよう。主演女優賞は、優秀賞の中から選ぶなら池脇千鶴、優秀賞にこだわらなければ「麦子さんと」の堀北真希、「ジャッジ!」「抱きしめたい」の北川景子、「晴天の霹靂」「喰女(クイメ)」の柴咲コウあたりを候補に推したいところだ。少なくとも宮沢りえじゃないだろう。

助演男優賞の岡田君も決して悪くはないけれど、ダブル受賞させるほどだったのかどうか。自分だったら「晴天の霹靂」の劇団ひとりを推す。助演女優賞黒木華は確かに悪くなかった。受賞に文句はないが、自分だったら「女子ーズ」の有村架純がイチ推し。

脚本賞土橋章宏は納得がいかない。以前もさんざん指摘したが、素材は面白いのに明らかな矛盾がいくつも目に付くからだ。

(2014/3/5 記)