2010年に観た映画

  1. アバター(3回)
  2. 交渉人 THE MOVIE(2回)
  3. のだめカンタービレ 最終楽章 前編(5回)
  4. マイレージ、マイライフ
  5. シャーロック・ホームズ
  6. のだめカンタービレ 最終楽章 後編(7回)
  7. シャッター・アイランド
  8. フラワーズ
  9. 踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!(2回)
  10. plus one
  11. 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
  12. プレデターズ
  13. ソルト
  14. インセプション(2回)
  15. 告白
  16. 悪人(2回)
  17. インシテミル
  18. 武士の家計簿

年間34本(18作品)はともに過去最高。なお、2010年のみでは18作品だが、うち1作品は前年観ているため、2010年に「新たに」観た作品となると17作品になる。洋画10本(7作品)、邦画24本(11作品)。1988年以来、洋画より邦画の方が多かったのは初めて。

劇場へ行った回数は前年(15本)の倍以上に増えたが、同じ作品を繰り返し観ることが多かった。同じ作品を複数回観るのは、ここ20年くらいでは、1997年に「エアフォース・ワン」を、2003年に「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を2回観ただけである。最近、いろいろな意味で余裕が出てきたこともあるが、大きな心境の変化である。結果、たいていの場合、観るたびごとに新たな発見があり、理解が深まる、ということが実感できたのは大きい。

2010年は3D元年。「アバター」で幕を開けた(正確には、「アバター」の日本公開は2009年12月18日だが)。「アバター」に引き続き「アリス・イン・ワンダーランド」(ジョニー・デップミア・ワシコウスカ主演)も人気を博した(観なかったけど)。

「交渉人 THE MOVIE」を観た時、これは「エアフォース・ワン」を下敷きにしているな……ということに気付いた。それ以外にもいろいろな有名作品の有名シーンや設定をなぞっていると思われる部分が多々あった。こうしたことに気付けたことは、自分にとっては嬉しかった。鑑賞力という点で一段昇れたように感じた。

上記の中からベスト1を挙げるとすれば、文句なしに「アバター」である。2010年に公開された作品に限定すると、どうだろう、「ソルト」あたりだろうか。邦画ではなんといっても印象に残るのは「のだめカンタービレ」である(映画作品としてはとても評価できないが、音楽が抜群に良かった)。他にも「告白」「悪人」はインパクトある作品だったし、「武士の家計簿」も良作品だった。
(2014/1/2 記)

過去記事