第85回アカデミー賞

アカデミー賞が発表になった。受賞結果を記す。

レ・ミゼラブル」を観た時、自分はさほど感動したわけではないが、こういう作品がアカデミー賞に絡むんだろうな、と思ったら本当にあちこち絡んでいたので、なるほど、というのが感想。*1一年前よりは洋画を観ているのだが、去年の方が興味が持てた。

実際に観た作品で、賞に絡んだのは「レ・ミゼラブル」と「007 スカイフォール」だけ。「幸せへのキセキ」はどこにもノミネートされなかった。マギー・エリザベス・ジョーンズには何かあげたかったが。

「アルゴ」はまだ上映しているところもあるようだから(これから一時的に増えるだろうから)、一回は観に行こう。

なお、主演女優賞にノミネートされたクワベンジャネ・ウォレス(「ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜」)は9歳(撮影時6歳)、エマニュエル・リヴァ(「愛、アムール」)は85歳で、ともに候補者として史上最年少および最高齢の記録。どちらかが受賞すれば受賞者の最年少か最高齢の記録を塗り替えるところだったが、どちらも受賞はならなかった。

*1:アン・ハサウェイの受賞に文句はないが、ファンテーヌ役が助演? というのは微妙に納得が行かない。あの映画は、主演男優=ジャン・バルジャン、主演女優=ファンティーヌ、助演男優=ジャベール、マリウス、助演女優=コゼットだろうと思うのだ。まあジャン・バルジャン以外は全員助演だということなんだろうが。