第36回日本アカデミー賞

3月8日、日本アカデミー賞の発表があった。最優秀賞のみ記しておく。

漫画のヒットもあって「桐島、部活やめるってよ」は確かに話題ではあったが、まさかアカデミー賞を獲るとは思わなかった。あまり興味はわかなかったが、こうなるとどんな作品か気になる。神木隆之介橋本愛山本美月大後寿々花など役者は揃っているようなので、機会があれば観てみたいが、劇場で再上映しないものか。優秀作品賞は「あなたへ」「北のカナリアたち」「のぼうの城」「わが母の記」。観たのは「わが母の記」だけ。

脚本賞の内田けんじは文句なし。「鍵泥棒のメソッド」は脚本がよく出来ていたもの。

主演男優賞は、まあ阿部寛でも悪くないが、個人的には役所広司の方がインパクトは上だった。優秀賞は堺雅人鍵泥棒のメソッド)、野村萬斎のぼうの城)、森山未來苦役列車)、役所広司聯合艦隊司令長官 山本五十六)、役所広司わが母の記)。

主演女優賞は文句なし。優秀賞は草刈民代終の信託)、沢尻エリカヘルタースケルター)、松たか子夢売るふたり)、吉永小百合北のカナリアたち)。ヘルタースケルターは観たかったなあ。

助演男優賞大滝秀治は、なんとこれが日本アカデミー賞初受賞とか。彼ほどの人ならこれまで5〜6回受賞していてもおかしくないと思うが……これが最後だからということでの受賞だろうか(大滝秀治さんは2012年10月2日逝去。87歳)。

助演女優賞余貴美子は、これが4度目の助演女優賞

録音賞の橋本文雄さんは2012年11月2日逝去。84歳。
(2014/3/17 記)