真実は何か「トランス」

非常に面白かった。

題名トランス(原題:Trance)
監督ダニー・ボイル
出演ジェームズ・マカヴォイ(サイモン、競売人)、ロザリオ・ドーソン(エリザベス、催眠療法士)、ヴァンサン・カッセル(フランク、ギャング)、他
公式サイトダニー・ボイル監督最新作「トランス」| 大ヒット上映中
制作イギリス(2013年10月11日日本公開)
劇場TOHOシネマズ シャンテ

内容紹介

その日、オークション会場ではゴヤの「魔女たちの飛翔」が出品されていた。サイモンら競売人たちは警備にも余念がないが、約40億円で落札された瞬間に何者かに襲撃される。フランクはサイモンから絵を奪い、サイモンはマニュアルに従えば本来は抵抗すべきではないところを抵抗してフランクに反撃され、大けがを負う。

フランクはサイモンから奪った絵のケースを意気揚々と開けるが、中身はなかった。サイモンがフランクらの目を盗んでどこかに隠したのだ。そこで怪我が治って退院してきたサイモンを拉致し、拷問にかけて隠し場所を吐かせようとするが、サイモンが怪我で記憶を失っていた……

雑感

見せ方がうまい。必要な情報が観客には示されていないのに、隠されている感がない。普通に見ていると思っている。途中で、え? いったいどういうこと? と思う場面が重なり、最後に真相が明らかにされるが、まさに想像外の出来事だった。そういう意味でサスペンス&ミステリーの醍醐味を味わえる。

また、そこから導かれる結論はかなりうわーっというもので、その点も(悲惨ではあるが)話の落とし方としては面白い。

主要な3人のキャラを演じる役者がそれぞれ魅力的のも、引きつけられた理由のひとつ。特にロザリオ・ドーソンの色気は良かった。

監督

ダニー・ボイル監督作品は、過去に「127時間」を観ている。

配役

今日の英語

  1. You choose, I don't care.(どこでもいいわ)

リンク