どこまでがフィクションなのか「新聞記者」

いろいろあって今年はこれまで全く映画が見られなかったが、先日の参議院選挙の時にも話題になっており、見てみたかった。今年初めての映画。

題名新聞記者
原案望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)、河村光庸
監督藤井道人
出演シム・ウンギョン(吉岡エリカ、東都新聞の記者)、岡山天音(倉持大輔、吉岡の同僚)、郭智博(関戸保、吉岡の同僚)、北村有起哉(陣野和正、吉岡の上司)、松坂桃李(杉原拓海、内閣情報調査室官僚)、本田翼(杉原奈津美、拓海の妻)、長田成哉(河合真人、杉原の同僚)、田中哲司(多田智也、杉原の上司)、高橋和也(神崎俊尚、杉原の外務省時代の元上司)、西田尚美(神崎伸子、俊尚の妻)、宮野陽名(神崎千佳、俊尚の娘)、高橋努(都築亮一、神崎の後任)、他
公式サイト映画『新聞記者』公式サイト 6月28日(金)全国公開
制作日本(2019年6月28日公開)
時間113分
劇場イオンシネマ 港北NT(スクリーン5)

雑感

  • 伊藤詩織さんの事件ぽい話やら、森友学園問題ぽい話やら、昨今話題の事件が割と具体的に(それとわかるように)取り入れられており、裁かれるべきと思われる人が裁かれず、しかもそれに同調するかのような人が少なくない「現実」を見ていると、ここで描かれているようなことは一概にフィクションだと言い切れない、これに似たようなことは実際に行なわれているのではないかと思わされる。なかなか後味の悪い映画だった(これは誉め言葉である)。
  • ただし、このような映画が製作され公開されている、少なくともその程度には今の日本は自由なのである、ということが確認でき、少し安心もした。
  • ラスト、吉岡記者はなぜあんなに焦って走ったのか、杉原は口を動かして音声が流れて来なかったけど何を吉岡に言おうとしたのか。よく意味がわからなかった。が、そのわからなさを含めて、不気味でよいエンディングだった。

リンク

新聞記者 (角川新書)

新聞記者 (角川新書)

(2019/8/20 記)