久々のIMAX 3D「マン・オブ・スチール」

スーパーマンを知らない。スーパーマンの地球での仮の姿はクラーク・ケントと言い、デイリー・プラネット社に勤める新聞記者である……という程度の知識はあるが、これは数多あるパロディ作品のおかげであり、オリジナルの漫画・ドラマ・映画は全く見たことがない。ようやくオリジナルに触れることができてよかった。IMAX 3Dで観れてしあわせだ。

題名マン・オブ・スチール(原題:Man of Steel)
監督ザック・スナイダー
出演ヘンリー・カヴィルクラーク・ケント/カル=エル)、ラッセル・クロウ(ジョー=エル、カル=エルの父)、アイェレット・ゾラー(ララ・ロー=ヴァン、ジョー=エルの妻)、マイケル・シャノン(ゾッド将軍、クリプトン兵士)、ケビン・コスナージョナサン・ケントクラーク・ケントの養父)、ダイアン・レインマーサ・ケント、ジョナサンの妻)、エイミー・アダムスロイス・レインピューリッツァー賞受賞経験のあるジャーナリスト)、ローレンス・フィッシュバーン(ベリー・ホワイト、ロイス・レインの上司)、他
公式サイト映画『マン・オブ・スティール』公式サイト | HOME
制作USA(2013年8月30日日本公開)
劇場109シネマズ川崎

内容紹介

スーパーマンの誕生秘話。これまでのスーパーマンをリブートして、新たなキャストによる新シリーズとな。

雑感

冒頭でも書いた通り、やっとオリジナルに触れられたことはよかった。ただ、何も知らないとはいっても、「クラーク・ケント」という名前も「デイリー・プラネット社」も知っていたので、それなりには「おお」と思えた。もちろん、知っている人から見たら「これがあそこにつながるのかー」といろいろ楽しめたであろうが。

長い話だったが長さを感じさせなかった。

配役

エイミー・アダムスの魅力が確認できて良かった。「人生の特等席」で魅力を感じ、「ザ・マスター」で幻滅を感じたが、それは作品の問題で、エイミー自身は素敵な女優なのだ。本作はロイス・レイン役をエイミーが演じていたことで評価は5割増である。

しかしエイミーは39歳。ヘンリー・カヴィルは30歳。歳上の彼女も悪くはないが、ちょっとバランス的にどうなの? とは思った。彼女はシリーズのレギュラーで、同僚かつ恋人なわけだよね?

英語タイトル

タイトルの意味がわからなかった。「鋼鉄の男」だとエイトマンになっちゃうぞ?

今日の英語

  1. "Well, look at you."(「おどろいた」)