「3人の信長」

「我こそが信長」と主張する3人の信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメント! だそうである。

題名3人の信長
監督・脚本渡辺啓
出演TAKAHIRO(信長・甲)、市原隼人(信長・乙)、岡田義徳(信長・丙)、髙嶋政宏(蒲原氏徳、今川軍の残党)、相島一之(瀬名信輝、今川義元の元家臣)、前田公輝(半兵衛、瀬名信輝の部下)、坂東希(朽木ハル、戦国大名の妻、信長へ恨みを抱いている)、奥野瑛太(?)、他
公式サイト映画「3人の信長」オフィシャルサイト
制作日本(2019年9月20日公開)
時間106分
劇場TOHOシネマズ日比谷(スクリーン3)

概要

金ケ崎の戦いで敗戦・逃走中の織田軍。浅井軍だけではなく、桶狭間の戦い以来没落の一途の今川家の旧家臣も信長に恨みを抱き、行方を追いかけている。ついに信長を捕えた、といって連れてきた家臣が三人。信長が三人集まってしまった。むろん、二人は影武者に違いない。影武者を処刑しては今川家の家名に傷がつく。なんとか本物の信長が誰かを見極めようとするが……

雑感(ネタバレあり)

  • 前半で、三人が三人とも自分が信長だと主張するシーンはなかなか見応えがあった。途中からだんだん面白くなくなっていくのが残念。
  • 写真というものがなく、テレビもネットもない時代。信長の顔を誰も知らなくても致し方ないが、それにしても、影武者というのはもう少し本人に似た人がなるものなのではないか。TAKAHIROと市原隼人岡田義徳では全然似ていない。これでいいのか。
  • 奥野瑛太は、公式サイトのキャスト欄には名前が出て来ない。映画.COMでは名前は紹介されているが何の役なのかは記載なし。ずいぶん低い扱いだが、そりゃ名前は出せないし、出したとしても何の役かは言えんわなあ。
  • ここでネタバレだが、もともと、信長には影武者が二人いる、という情報を持っていて、本人+影武者で三人を捕えたわけではない。本人だと思って捕えた相手が三人いたわけだ。だから、この三人のうち「少なくとも二人は本人ではない」ことはわかるが、「三人のいずれかが本人である」かどうかはわからない。自分は最初から「三人とも影武者ではないのか?」と思っていた。で、まあ、この予想が当たるので、本人の登場は意外というほどではなかった。本人が三人の影武者より格好良かったのが唯一の見どころか?

(2019/11/5 記)