登場人物 落穂拾い

「八重の桜」の登場人物でこれまで書きもらしていた人をここでまとめて記載する。

出演

  • 中島亜梨沙(西郷眉寿(みす)、西郷頼母の妹):慶応4年8月23日、西郷頼母邸にて一族21人で自刃。26歳。辞世は「死にかへり幾度世には生きるとも ますら武雄となりなんものを」
  • 玄里(西郷由布(ゆう)、西郷頼母の妹):慶応4年8月23日、西郷頼母邸にて一族21人で自刃。23歳。辞世は「武士の道と聞きしをたよりにて 思いたちぬる黄泉の旅かな」
  • 久松夕子(西郷律、西郷頼母の母):辞世は「秋霜飛兮金風冷 白雲去兮月輪高」

あの一瞬だけのモブ役だと思ったけど、それなりの人物が配役されていたようだ。中島亜梨沙は元宝塚・月組の娘役スター。なんとTOEIC870点だとか。