これは文句なし。「ブルージャスミン」

題名ブルージャスミン(Blue Jasmine)
監督・脚本ウディ・アレン
出演ケイト・ブランシェットジャスミン)、アレック・ボールドウィン(ハル、ジャスミンの夫)、サリー・ホーキンス(ジンジャー、ジャスミンの義妹)、アンドリュー・ダイス・クレイ(オーギー、ジンジャーの元夫)、ボビー・カナヴェイル(チリ、ジンジャーのボーイフレンド)、ピーター・サースガード(ドワイト、ジャスミンの新しい彼氏)、他
公式サイト映画『ブルージャスミン』公式サイト
制作USA(2014年5月10日日本公開)
時間98分
劇場TOHOシネマズ ららぽーと横浜(スクリーン10/105席)

内容紹介

ジャスミンは大学を中退し金持ちのハルと結婚。セレブな生活を満喫していたが、実はハルは投資詐欺を行なっていた。行為が明るみに出て、ハルは逮捕され、ジャスミンは資産を押さえられ一文無しに。里親のところで一緒に育ったジンジャーを頼ってニューヨークからサンフランシスコに行く。が、セレブ時代の癖が抜けず、一文なしであるにも関わらず、飛行機はファーストクラス、鞄はヴィトン。そして妹の暮らしを「ひどい暮らし」と決めつけ、「いつまでこんな生活を続けるつもりなの!?」「私はスーパーのレジ打ちなんかやりたくない」などとぬけぬけと言い放つ……

雑感

サンドラ・ブロックが主演女優賞を逃したのは納得がいかず、オスカーを射止めたケイト・ブランシェットがどんな女優なのか見定めるつもりで鑑賞に臨んだのだが、観てみて納得。これは文句なしだ。とにかく現実を見つめない高慢なセレブっぷりと、後半の壊れっぷりがお見事! というしかない。

映画自体もよい出来で、作品賞にノミネートされていてもよかったのでは、と思ったくらい。

夫が何をやっていたか全く知らない、無邪気な(無知で世間知らずな)奥様ということになっていたけど、夫の浮気に腹を立てた挙句に通報したのはジャスミンなのだから、ハルが不正なことをしていたことは知っていたはず。それでいてジンジャーにも投資を進めたわけか。そういう女なんだな。

Academy Award

第86回アカデミー賞において、助演女優賞サリー・ホーキンス)、脚本賞ウディ・アレン)がノミネートされ、ケイト・ブランシェットが主演女優賞を受賞。

観客

10人。ちょっとさびしい。

リンク