信長、野望を語る。/「軍師官兵衛」第25話「栄華の極み」

出演

粗筋

秀吉はいよいよ毛利攻めを始める。明智光秀も援軍として駆け付けることから、打ち合わせのため官兵衛が光秀に会う。光秀の娘・倫は荒木村重の息子の妻であったが、現在は出戻っている。光秀は「村重の気持ちもわかる……」とつぶやく。そして官兵衛に5万石出すから配下になれと誘うが、官兵衛は断わる。

信長は栄華を極めていた。天下統一を成し遂げたら、新しい国づくりは信忠に任せ、自分は世界が見たいという。秀吉はぜひお供させてくれと言い、信長は、自分の気持ちがわかっているのは秀吉だけだと言う。

信長が官位を返上したことが面白くない朝廷は、吉田兼和が光秀を通じて、なんでもいいから官位を受けてもらうよう説得する。調停を大事に思う光秀は、信長に官位を受けるよう進言。信長は「お前は何もわかっていない」と冷たく言い放つ。

宣教師が黒人を連れてくる。信長は珍しがって配下に取り立てる。これが弥助。弥助を登場させるのは画期的。これからどんな役が振られるのか?

宇喜多直家死の病に。秀吉に、息子・八郎(のちの秀家)を託す。直家は、信長の将来に危ういものを感じ、秀吉こそが天下を取る人物と考えていた。そして妻のお鮮を秀吉の側室にするよう依頼。

黒田家では、光が第二子を懐妊。松寿丸が元服して長政に。

配役

  • 石橋杏奈は「大空港2013」の田野倉真弓(守男の娘)役
  • 松寿役の若山耀人は前回でクランクアップと書いたが、クランクアップは今週だった。