官兵衛、許される。/「軍師官兵衛」第23話「半兵衛の遺言」

粗筋

  • 秀吉は、瀕死の官兵衛を即座に信長のもとに連れて行き、許しを乞う。官兵衛の様子を見て信長は、官兵衛が裏切ったと思ったのは間違いだったと悟る。これは半兵衛が生前、秀吉に授けた最後の策だったとか
  • 松寿が生きていたことも明かされるがこれも許される
  • だしをはじめ、村重の家臣や一族は、老若男女問わず殺されることに。明智光秀は「そこまでしなくても。女子供に罪はありません」と止めるが聞き入れられず。光秀は何事か考えている様子
  • 心身ともにボロボロになった官兵衛は、リハビリにもやる気を見せず、このまま廃人になるかと思われた。が、松寿が半兵衛から託された軍配を見て目が輝きを取り戻す

雑感

前回に引き続き、今回も「軍師官兵衛」全体の中では面白かった部類だ。松寿(若山耀人)が出て来ると場が締まる。

これまで全く存在感のなかった明智光秀が、突然信長に意見をし、退けられて何事か思案する……という伏線が今頃になって出てきた。村重とは存在感が比較にもならない。いっそのこと、今年の大河では、本能寺の変荒木村重が起こすとうことにしてはどうだろう?

リンク

ショコラさんの感想を読むと、ああ今回はいい話だったナーと思うが、エミさんのmoonshineを読むと、本当に今回はひどかったな、と思ってしまう(笑)。どちらもあり。