ぎゃぼーん! ついに映画化「のだめカンタービレ」(前編)

題名のだめカンタービレ最終楽章 前編
監督武内英樹
原作二ノ宮知子
出演【TV本編からのレギュラー】上野樹里野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、福士誠治(黒木泰則)、吉瀬美智子エリーゼ)、伊武雅刀(峰龍見)、竹中直人(フランツ・フォン・シュトレーゼマン)、橋爪遼(木村智仁)、マヌエル・ドンセル(シャルル・オクレール)、他/
【SP編から】ウエンツ瑛士(フランク・ラントワーヌ)、ベッキー(タチヤーナ・ヴィシニョーワ)、ジリ・ヴァンソン(ジャン・ドナデュウ)、山口紗弥加(並木ゆうこ)、山田優(孫Rui)、片桐はいり(Ruiの母)、他/
【映画で初登場】谷原章介(松田幸久)、なだぎ武(テオ)、マフレッド・ウバーツ(シモン)、他
公式サイトのだめカンタービレ最終楽章
制作日本(12月19日公開)

感想

  • 近くのシネコンでは2館並行上映。観客動員数は相当だと踏んでいるんだろうな。半分も入っていなかったけど……
  • ベト7の演奏で始まり、途中、ブラームスモーツァルトオーボエ協奏曲と、のだめファンにはそれぞれ思い出の曲が盛り込まれ、さらにのだめの進級試験の課題曲が「トルコ行進曲付き」という超有名曲。非常に聞きやすかった。
  • 笑える場面も随所にあったが、途中、オケの団員の幼い子供が千秋に向って(千秋がそのオケの常任指揮者だとは知らず)「今度の指揮者は、生意気で、ねちねちしていて、イヤなヤツだけど、本物だって(パパが言ってた)」と言う場面では思わず涙ぐんでしまった。
  • 登場人物を見ればわかる通り、映画オリジナルの人物は、ルー・マルレ・オーケストラの関係者を除くとほとんどいない(松田役の谷原が今ごろ初登場なのはちょっと意外だが、松田の名前はテレビ編から出てくる)。テレビ本編、SP編とずっと見てきた人にとっては問題ないと思うが、テレビ編も漫画も知らなくていきなり映画を観た人は、筋がさっぱりわからないのではないか。続きものなので仕方ないといえば仕方ないのだが。
  • 頭の上を束ねた上野樹里福原愛みたいだった。
  • やっぱりオーケストラはテレビやDVDで見るのもいいけど、劇場で見るのがイチバン。
  • それにしても、いくら「前編&後編」の前編だからといって、あの終わり方はないと思う。早く4月になれ!

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

映画「のだめカンタービレ最終楽章前編」ガイドブック (講談社 Mook)

映画「のだめカンタービレ最終楽章前編」ガイドブック (講談社 Mook)