ゲド戦記

題名ゲド戦記
監督宮崎吾朗(第一回監督作品)
原作ル=グヴィン
出演(声)岡田准一(アレン)、手嶌葵(テルー)、菅原文太ハイタカ)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ)、香川照之(ウサギ)、小林薫(国王)、倍賞美津子(女主人)、他。
公式サイト「ゲド戦記」
制作スタジオジブリ(2006年7月29日公開)

7月29日に封切られたばかりだというのに、早くもあちこちから辛らつな批評が伝わってきた。どうしようかと思ったのだが、予告編で聞いた歌がとても耳に残っていたため、音楽だけでも劇場へ行く価値はあるだろうと出かけてきた。

感想をひとこと。「これの出来が悪いなんて言うやつぁ何処のどいつだ。ジブリ史上の最高傑作ではないか」。

一応お断わりしておくが、僕は原作を読んだことはない。原作は「指輪物語」「ナルニア国ものがたり」と合わせて世界三大ファンタジーのひとつとされている人気作で、熱烈なファンが多いだろうから、そういう人の目から見たら、ゲド戦記の世界観はこうじゃない、と言いたくなるかも知れない。また、「ジブリ史上」などと大見得を切ったが、ジブリの全作品を観ているわけじゃない。

それでも、絶対的な評価として傑作であると断言したい。いや、そんな冷静な評価じゃない。観終わった後は口もきけないくらい感動し、腑抜けのようになって帰ってきたのだ。これまで面白いと思った映画はたくさんあるが、感動した映画となると、さて、何があっただろう。

この作品に厳しい評価を下した人は、宮崎駿を神格化し過ぎなんじゃないだろうか。宮崎吾朗のアラを探そうと思って観たら、いろいろアラは見えるだろうが、映画を楽しもうと思って観たら、そんなアラは気にならないはずだ。

あたしはテナーに生かされた。だから生きなきゃいけない。生きて次の誰かに命を引き継ぐんだわ。
そうして命はずっと続いていくのよ。

それにしても、田中裕子はなんて芸達者なんだろう。そして手嶌葵の歌声は、なんて切ないんだろう。

ゲド戦記 [DVD]

ゲド戦記 [DVD]

リンク