泣きました「ツレがうつになりまして。」

ツボだなあ。

題名ツレがうつになりまして。
監督佐々部清
原作細川貂々
出演宮崎あおい(高崎晴子、ハルさん)、堺雅人(高崎幹夫、ツレ)、大杉漣(ハルの父)、余貴美子(ハルの母)、田山涼成(加茂クリニック院長)、吹越満(加茂クリニックの患者)、吉田羊(市毛加奈子)、他
制作日本(10月8日公開)
劇場新百合ヶ丘:ワーナー・マイカル・シネマズ

こういう話は卑怯だと思う。絶対泣かされるもん。涙腺を抑えられず、何度も何度も涙する羽目になった。

原作は持っているけど、さほど入れ込んでいたわけではないし、まあ宮崎あおい堺雅人が出るなら、見ておいて損はないか、という程度で観に行ったのだが。まあ、こうなることはわかっていたといえばわかっていたけど。

原作とは名前が異なるが、話の運びはほぼ原作通り。ただし、微妙だがはっきりと、ひとつひとつのセリフやエピソードが、映画の方が生々しいし、映画の方が「いい人」に描かれている。映画としての完成度を考えるなら、この方がいいんだろうな。

原作では、作者の貂々はもっといい加減で、もっと適当である。そして、ツレはその適当さに救われている感がある。そのあたりは、漫画とは別作品として割り切るしかないであろう。とはいえ、宮崎あおい堺雅人にセックスを誘い、断わられるシーンは生々しくも萌える。なにせ、宮崎あおいである。宮崎あおいに迫られて、断われる男は世の中に存在しないと思っていたが。

リンク

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)