新しい堺雅人「クヒオ大佐」(DVD)

DVD視聴。堺雅人づいてしまい、見てみることに。

題名クヒオ大佐
監督吉田大八
原作吉田和正「結婚詐欺師 クヒオ大佐
出演堺雅人クヒオ大佐)、松雪泰子(永野しのぶ、弁当屋経営)、満島ひかり(浅岡春、博物館の学芸員)、中村優子(須藤未知子、銀座クラブのホステス)、新井浩文(永野達也、しのぶの弟)、児嶋一哉(高橋幸一、春の以前の恋人)、安藤サクラ(木下理香、春の同僚)、内野聖陽(藤原、外務次官?)、大河内浩(官房長官)、古舘寛治(?)、黒田大輔(?)、他
公式サイト10月10日(土)全国ロードショー 映画『クヒオ大佐』公式サイト
制作日本(2009年10月10日公開)

雑感

同時期の堺雅人主演映画では、「南極料理人」がべらぼうに面白く、それに比べればイマイチの感はぬぐえなかったが、これはこれで面白い。

基本的にはコメディである。クヒオ大佐の嘘は、視聴者には嘘だとわかるから、それ自体が滑稽だし、クラブのホステスとの化かし合いは手に汗握るところ。

モデルとなったクヒオ大佐は実在の人物で、希代の結婚詐欺師だったそうだが、映画のクヒオ大佐は基本的には間抜けな人物。しのぶのような、零細弁当屋の経営者でいい年になるまで男と付き合ったこともなかったり、春のような、地味な学芸員で、かつ恋人と別れた直後など、わけありの女にしか相手にされず、クラブのホステスには正体を見抜かれて逆に金をたかられるし、達也のような本物のワルには軽く手玉に取られてしまう。

とはいえ、しのぶや春の心境を考えれば腹立たしいことこの上なく、前半、もう少し早くギャグにシフトし、これはコメディであることを宣言した方がよかったと思う。

堺雅人松雪泰子の着物のたもとから手を突っ込んで胸を揉んだり、満島ひかりとディープキスをしたりするシーンは、彼の新しい側面を見たようでちょっと新鮮だった。堺雅人もあんな役をやるんだな。

配役

  • 満島ひかりは「悪人」以来の熱演(出演したのはこちらが先だが)。