「ピアノの森」コンサート

東京芸術劇場で行なわれた「ピアノの森コンサート」を観て来た。

4人の演奏者のうち、橋本健太郎くん、野上真梨子さんは映画で修平、誉子のピアノを弾くので、まあ意味はわかるが、肝心の清水和音氏、高橋多佳子女史が映画にどう関係するのかわからず、どういうイベントなのか今ひとつわからないままの参加だったが、結果的にはとても楽しめた。S席4000円は高くなかった。

結局、映画を盛り上げるためのプレイベントのひとつで、盛んに「映画は感動的」「ぜひ観にいきましょう」などと繰り返していたMCはお気の毒だったが、イベント自体は割と気楽に聴けて、かつ、それなりに堪能することができた。

簡単なメモ(敬称略):

  • 年齢による演奏の違いをかなり強く感じた。清水和音高橋多佳子はちょっと自分の色を出し過ぎるきらいがある。それに比べると、橋本健太郎(14歳)、野上真梨子(15歳)の演奏は素直で、比較的楽譜に忠実だった……ように感じた。僕としては、あまりひねくらない演奏の方が好きだ。少なくともこういう場では。(高橋多佳子のリサイタルに行ったならば、また感想は変わったであろうが)
  • エリーゼのために」、この曲はそれこそプロ・アマチュアを含め、いろんな人の演奏を耳にしてきたが、感心したことがない。今日の高橋の解釈も、僕のイメージとはかけ離れていた。野上真梨子だったらどう弾くだろう。
  • 4人によるショパンの競演はかなり楽しめた。本当に弾く人によって変わるものだ。
  • 若い二人は何を考えてショパンを弾いていたのだろう。彼らはまだまだ語るべき人生経験もほとんどなく、込められる「思い」があるとも思えない。しかし、変に演奏者の思いなんかこめずに、淡々と弾くのもまたいいのかも知れない。
  • いつも思うのだが、女性ピアニストはほとんどの場合ノースリーブの衣裳だ(今日もそうだった)。キャバクラじゃないんだから、過度な肌の露出はどんなものかと。堂々と肌を晒せる人はいいけれど、つらい人もいるだろう。薄手のブラウスあたりが定番になるといいのに。
  • また、男性ピアニストは上着を着ている(今日もそうだった)が、自分の経験では上着はかなり重たいもので、長時間の演奏となると、負担がバカにならない。腕を軽やかに動かすのが仕事なのに、重石をつけてどうするのか。上着は脱いでワイシャツ一枚がいいんじゃないかなァ。なんで上着なんか着ているんだろうなァ。
  • 高橋多佳子と野上真梨子の年齢の差は、胸の大きさにも如実に現れていた。あら、お下品。でも高橋さんは立派な胸をお持ちのようで……