窓の向こうに

月に数回映画館に通う程度の映画ファンです。自分が見た映画やドラマの感想を書いています。

「津田梅子 お札になった留学生」(テレビ朝日)

タイトル

  • 「津田梅子 お札になった留学生」

放送日

  • 2022年3月5日

出演者

あらすじ

明治4年、6歳の津田梅は尊敬する父・仙のすすめで、日本初の女子留学生としてアメリカに渡ることになった。当時の日本には女性が質の高い教育を受けられる場がなく、優秀な男性を育てるためには母親にも教養が必要だとする北海道開拓使の肝いりで、女子留学生の派遣が決まったのだ。梅のほかには14歳の吉益亮と上田悌、11歳の山川捨松、9歳の永井繁がおり、メンバーの中で最も幼いのが梅だった。仙から「国の期待を背負っていることを忘れるな」と諭された梅子は、小さいながらに母・初ら家族と離れる寂しさをこらえ、使命を胸に刻んで渡米する。

アメリカで学びはじめて1年後、目の病気にかかった亮と激しいホームシックに襲われた悌の帰国が決まった。やさしい性格の亮を慕っていた梅は大きなショックを受けるが、父の言葉を思い出し、涙をこらえて留学を続ける。そんな梅を何かとサポートしたのは、のちに初代文部大臣となる森有礼だった。

明治15年、17歳になった梅は11年間におよぶ留学を終えて帰国。ともに留学をやり遂げた捨松や繁と「誰もが学ぶことのできる英語学校を作ろう」と夢を語り合う。ところが、留学中に北海道開拓使は解散されており、事業を引き継いだはずの文部省は女子留学生に無関心で、梅は働く場所すら見つからない。国費留学生として国のために役立つ存在にならなければと思い続けてきた梅は、がく然。しかも、日本での女性の地位の低さにカルチャーショックを受ける……。 そんな中、繁が留学で出会った男性と結婚すると言い出す。日本の結婚は男女が対等ではないと考える梅は、心から祝福することができず……!? また、梅は繁の紹介で出会った大学教授・神田乃武に胸をときめかせるが、彼は捨松に好意を寄せていることがわかり……!? その後、梅は伊藤博文の妻子の家庭教師として住み込みで働くことになるが……!?(公式サイトより)

雑感

広瀬すず、いい女優になったなあ。目の動きで内的葛藤を表わしたり。強烈な存在感があった。

津田梅子の話はだいたいは知っているので、ある程度は覚悟して見たのだけど、途中で見るのが厭になったなあ。過酷な思いを強いて勉強させ、当人もそれに応えて勉強して帰って来たのに、それを受け入れない。彼女たちの留学費用がもったいないと思わないのか……。

「頑張って勉強してこい」と言って送り出すのはいろいろな場面であることだが、勉強して持ち帰ったものを、どう受け入れ、どう生かすかを考えなければ、勉強した(させた)だけ丸々無駄になる。むしろ送り出す側の問題なのだろう。ここは日本だから日本のルールに従え、というなら海外留学させる意味がない。もちろん勉強した内容がすべて正しいわけではないし、即座に適用可能でもないから、落としどころを探す努力は必要だ。

梅、歯がゆいのはわかるが、自立する意思も意欲もない女生徒をただ怒鳴りつけても自体は何も変わらない。ゆっくりと、やさしく、粘り強く洗脳していかないと。若き教師の梅にもまた共感できないものを感じた。若いから仕方ないが。

ストーリーは変に話を広げず、自らを縛り付けていた縄を切り、再び留学するまで、に焦点を絞ったのはとてもよかった。大河ドラマで津田梅子を取り上げるべきだとの意見もあるが、正論を吐く梅子が「生意気」の一言で消沈させられる葛藤を延々と見せられるのはたまらないから、短いドラマがいいのだと思う。

配役

  • 池田エライザはドラマ「二つの祖国」で多部未華子の妹役だった。記憶にない。
  • 佐久間由衣は映画「屍人荘の殺人」に出演していた。記憶になり。「オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ」にも出ていたらしい。多分、見ていない。


映画ランキング