NHK大河第8話「宋銭と内大臣」

平清盛に第一子が。

出演

粗筋

平清盛松山ケンイチ)は平家貞中村梅雀)の案内で博多へ赴く。当時は大宰府を通さずに貿易を行なうことはできなかったが、忠盛(中井貴一)は偽の院宣を発行し、密貿易を行なっていたのだ。活気あふれる商売の様子や宋銭の存在に興奮する清盛。

しかし新興勢力の武士が力をつけていくことが藤原氏には気に入らない。藤原忠実國村隼)の次男・藤原頼長内大臣に出世。これを機に粛清を行なうと宣言。平氏の密貿易の証拠をつかみ、清盛を呼びつけて事情聴取を行なう。

屋敷に戻った清盛は、明子(加藤あい)から身ごもったことを伝えられる。

今日の源氏

源義朝玉木宏)は野獣と化していた。父・為義(小日向文世)に無事に修行に励んでおりますと手紙を書くが、為義は、健気に振る舞っているが本当は苦労しているはずだと察し、涙する。

義朝が気になる由良姫(田中麗奈)は為義の屋敷にやってきて見事なツンデレぶりを発揮する。

今日の朝廷

御所に咲いていた水仙は、鳥羽上皇三上博史)がかつて璋子(たまこ:檀れい)のために植えたもの。それが気に入らない得子(なりこ:松雪泰子)はそれを菊に植え替えさせる。それを寂しげに眺める璋子。しかし鳥羽上皇もうっかり「水仙が……」と呟いてしまい得子にたしなめられる。これは璋子に未練があることのあらわれだろうか?

今日の義清

崇徳帝(井浦新)から「信頼できるのはお前しかいないのだ」と言われ、重たすぎる言葉に呆然とする佐藤義清(藤木直人)。

感想

視聴率が伸びないことから、エロに走る、清盛の童貞喪失の場面をねちっこく描くなどと噂があり、まさかとは思うが不安でもあった。が、さすがにそんなバカな場面もないまま懐妊。とりあえずほっとした。

モラトリアムを脱した清盛は成長のあとが見られる。話し方もだいぶ落ち着いてきたが、藤原頼長からの尋問の場面でも、自説を堂々と述べる一方で、自分の言葉には重みがないという自覚もあるなど、一味違う。これも落ち着いて見られるようになった一因。

清盛の弟・家盛(大東駿介)にも縁談がある。どうやらそれ以前に好いた女がいたようだが、こちらは清盛と違い、好いた女を諦め、縁談を受け入れる。これはのちのち波紋を広げることになるか?

リンク