すごく面白かったけどリアリティはちょっとね「ホワイトハウス・ダウン」

公開2日目にして土曜日のせいか、開始15分くらい前に行ったのにほぼ満席で、前から3列目の端の席しか取れなかった。まあ、混んでいるのは良いことだ。

題名ホワイトハウス・ダウン(原題:White House Down)
監督ローランド・エメリッヒ
出演チャニング・テイタムジョン・ケイル)、ジョーイ・キング(エミリー・ケイル、ジョンの娘)、ジェイミー・フォックス(ジェームズ・ソイヤー、大統領)、マイケル・マーフィ(アルヴィン・ハモンド、副大統領)、リチャード・ジェンキンス(イーライ・ラフェルソン、下院議長)、マギー・ジレンホール(キャロル・フィナティ、特別警護官)、ジェームズ・ウッズ(マーティン・ウォーカー)、ラシェル・ルフェーブル(メラニー、秘書)、他
公式サイトホワイトハウス・ダウン - オフィシャルサイト
制作USA(2013年8月16日日本公開)
劇場イオンシネマ新百合ヶ丘

内容紹介

ホワイトハウスがテロリストに襲われ大統領が人質になるが……というパニック・アクション映画。

雑感

ストーリーのテンポはよく、またストーリーには綿密な伏線が張ってあり、それが次々に回収されていくのは気持ちがいい。飽きずに最後まで見続けさせられるという点で、エンターテイメントとしてはよくできていた。

先に公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」との比較は誰もが考えることだろうが、まあ、似ていると言えば似ている。ついでに、以前も言及した「エアフォース・ワン」にも。ただし、次の点に特徴がある。

  • 大統領を救うヒーローは日常生活ではパッとしない人
  • 小学生の女の子が事件の解決に重要なカギを握る
  • 大統領が黒人
  • 笑える箇所が散りばめられている
  • 真犯人は意外な人物

しかし、大統領とヒーローは不死身過ぎるし、それ以外の人間は間抜け過ぎる。そういうドラマだと思って見れば腹は立たないが、リアリティにはかなり乏しい。まあ、テロを扱ったドラマだから、リアリティがあっては困るのか。

ツアーガイドのホワイトハウスへの偏愛ぶりが印象的だった。日本の皇居は、畏れ多くもかしこくもと敬う人は多くいても、このように親しみを込めて愛する人はいない。総理大臣官邸なんて誰も興味を持たない。(んじゃないかと思うが、それなりにマニアがいるのか?)

配役

知っている役者がほとんどいなかったけど、ジェイミー・フォックスは覚えがあると思ったら「路上のソリスト」で主役をやった人だった。