絵本「アナと雪の女王」

アナと雪の女王」の絵本があったので手に取ってみる。カタカナにまで振り仮名がついているので、対象年齢はかなり下のようだが、ストーリーは一応ちゃんと追いかけられていて変な省略はなかったし、絵がふんだんに盛り込まれているため、映画の余韻を味わうためのものとしては大人でも十分に読める内容になっている。

ところで、物語の最後の一文が、「みんな もえがおに なりました」というもので、へー萌え顔って今では普通に使うんだーと感心して読んだのだが、よく考えてみれば「みんな萌え顔に」ではなく「みんなも笑顔に」だね。

アナと雪の女王 角川アニメ絵本

アナと雪の女王 角川アニメ絵本