アナ雪コーナーのサプライズ/第65回紅白歌合戦

紅白歌合戦はとりあえず毎年見ている。知っている歌手は少なく、始まる時間はどんどん早くなるが間延びするばかりで、満足したことはなかったが、2014年の紅白歌合戦は実に見ごたえがあり、満足度の高い内容だった。といっても、アナ雪コーナーがよかったというだけなのだが。

もともと、May J.が紅白出場に色気を見せている、という噂があった(真偽のほどは知らない)。アナ雪枠で松たか子と神田沙也加の出場は固いだろうが、あれだけ流行った映画の主題歌を歌っているわけだから、出場しても悪くない。ただし、May J.が歌うのは「ありのままで」しかなく、松たか子もまさか同じ歌を歌うわけにもいかないだろうから、じゃあ何を歌うかな、というのと、神田沙也加は何を歌うだろう、という疑問があった。

アナの歌で印象に残るのは「雪だるまつくろう」「扉を開けて」「生まれてはじめて」の三曲。ただ「雪だるまつくろう」は、一番はいいけれどフルコーラスやるには哀しい歌だ。「扉を開けて」はいい曲だが、津田英佑の出場が条件になる。だったら松たか子とデュエットで「生まれてはじめて」を歌ってくれないかな……、などと夢想していた。

紅白出場歌手が発表になり、松たか子の不出場を知った時は驚いた(May J.と神田沙也加は順当に出場)。その後、松の妊娠報道がなされ、それでは致し方ないと納得したものの、なんとも残念な思いでいた。

ところが今回、NHKはとんでもない演出力を見せてくれた。なんと、ゲストでイディナ・メンゼルが登場するというのである。しかも「For the First Time in Forever(生まれてはじめて)」を神田沙也加と英語と日本語でデュエットという、夢の共演! おまけに「Let It Go」もフルコーラス歌う!

沙也加の通訳ぶりも見事だったし、二人のデュエットも素晴らしかった。それに、やはりなんといっても本家の「Let It Go」だ。挿入歌と主題歌のアレンジの違い、といった専門的なことは知らなくても、May J.の歌を聴いた多くの人は、「あれ? この歌、知っているのとなんとなく違う……」と感じただろう。が、イディナ・メンゼルの歌を聴いて、そう、私が知っているのはこれ! と安心したに違いない。どちらがいいとか悪いとかではないのだが、昨年、数限りなく聞かされ、世界中の人の耳に残っているのは、エルサが氷の城を作るシーンで歌われたイディナ・メンゼル(日本では松たか子)バージョンなのだから。

娘が歌っている姿を見て涙ぐんでいる松田聖子も印象に残った。それはそうだろう。神田沙也加の紅白出場は2回目だが、一度目は、親の七光りで、半ば「母子出場」という話題作りのためだけに出させてもらったような印象を受けた。ところが今回は押しも押されもせぬ、堂々たる実力での出場。親じゃなくてもこの成長は嬉しかろう。

聖子は聖子で、初の大トリを務め、瞬間視聴率は一番高かったとか。娘に負けじと、順調に女王への道を歩んでいるといったところか。もっとも僕は、神田沙也加とイディナ・メンゼルの歌を聴いたところですっかり満足し、寝てしまったのだが。薬師丸ひろ子までは聞いてもよかったかな。

(2015/01/09 記)