退屈はしなかったけど……「ジャッキー・コーガン」

TOHOシネマズ六本木ではレイトショー価格がなく深夜でも1800円なのだった。

題名ジャッキー・コーガン(原題:Killing Them Softly)
原作ジョージ・V・ヒギンズ
監督アンドリュー・ドミニク
出演ブラッド・ピットジャッキー・コーガン)、リチャード・ジェンキンス(ドライバー、依頼人)、ジェームズ・ギャンドルフィーニ(ミッキー、殺しの代行を依頼)、レイ・リオッタ(マーキー・トラットマン、賭場の経営者)、スクート・マクネイリー(フランキー、強盗実行犯)、ベン・メンデルソーンラッセル、強盗実行の共犯)、ヴィンセント・カラトーラ(ジョニー・アマート、強盗実行を示唆)、他
公式サイト映画『ジャッキー・コーガン』オフィシャルサイト
制作USA(2013年4月26日日本公開)
劇場TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

雑感

一日前に観た映画(「L.A.ギャングストーリー」)の悪役の名前がミッキー・コーエン、本作の主人公の名前がジャッキー・コーガン。ジャッキーが殺人代行を依頼するのがミッキー。紛らわしい。

2013年、映画史に刻まれる新たな殺し屋の誕生……と予告編で紹介されたクライムドラマ。とりあえず、退屈せずに最後まで観た。ただし、非常に物足りなく感じたのも事実。

確かにジャッキーはいい腕なんだろう。しかしプロの殺し屋あるいは狙撃屋として、日本人はゴルゴ13という人物をよく知っている。ゴルゴの人物像こそあまりにも人間離れしていて、初めて読んだらリアリティをかけらも感じないかも知れないが、われわれは40年以上にもわたってこの漫画に接しているうちに、極めて強固に、強いリアリティをもってゴルゴ13の人間像が焼き付いてしまっているのだ。

だから、至近距離から撃っているのに一発で相手を仕留められずに4発も5発も撃つとか、報酬が一人1万〜1万5千(ドル)で、かつ値切られるとかいう姿を見ると、とても一流の殺し屋には思えない。日本でこの手のドラマが受け入れられるかどうかは、そこにかかっているのではないだろうか。

配役

日本語タイトル

キャッチコピーが「その男は優しく、殺す」なのだから、そのまま「優しく殺す」とかでもよかったと思うが。