「顔」第2話「目立ちたがる容疑者…」

出演

  • 三木さつき(林純子、警部補)
  • 左右田一平(石井、遠藤の祖父)
  • 本郷弦(木村、かすみ銀行北山支店)
  • 山崎一(海老沢監察官)
  • 山岡祐子(遠藤)

粗筋(ネタバレあり)

銀行強盗の訓練のため、「かすみ銀行・増淵支店」で模擬強盗を行なっているまさにその時、同行の北山支店に本物の強盗が入る。内通者がいるのだ。監察官の調査が入り、平野も厳しい取り調べを受ける……。

林警部補が付き合っていた深井巡査はギャンブル好きで、街金から1000万円からの借金を負っていた。模擬強盗のことを知った林は、深井に指示して、同じギャンブル仲間で銀行のお金を遣い込みしていた行員やチンピラと組み、銀行の金を奪わせた。深井巡査に鉄壁なアリバイを用意し、監察官にはわざと内緒にしていた自分と深井巡査との関係をリークして疑わせ、その疑いを晴らさせるという手の込んだ手法で目をそらせようとしたのだ。

矛盾に気づいた平野は西島とともに林を問い詰め、自首を薦めるのだった。

感想

30過ぎて縁遠くなっていた林は、借金まみれであっても結婚してくれそうな深井に逃げようとしたあたりの心情は哀れだが、やっていることはちょっとどうかな。法的・倫理的な問題は別にしても、模擬強盗と同時に実行すれば……警察の到着が遅れるから逃げ切れると思ったのか? でも遺留品を一切残さず立ち去るのは至難の業であることは林がよく知っていようし、内通を疑われれば、いくらごまかしても、いずれバレるとは思わなかったのだろうか? まあ切羽詰まった人はそんなこと考えていられないのかも知れないけど。

それより、平野に問い詰められて、ほとんどごまかすことなくあっさりと白状したのが解せない。平野は一切証拠を示していないし、自分を慕ってくれている後輩なんだから、「あんた、私を疑っているの?」「私は信用されていなかったのか……。悲しいな」とか怒ったり落ち込んだりすれば、それ以上の追求はできなかったはず。だからこその西島の「深井は吐きましたよ」なんだろうが……

目が光るライティングの多用は前回からだが、今回は多用し過ぎて不気味。

前回の僕の提言(?)が聞こえたのが、平野瑞穂は制服姿の時も髪をまとめるのをやめた。その方が可愛いが、やたらに髪をかき上げる仕草は、やはり仕事中には不向きかな。

海老沢監察官が、ただの厭な奴ではなかったのが救い。

配役

前回も感じたが、オダギリジョー玉木宏に似ている。特に目つきが。リアルタイムだと年齢差があって気づかなかったかも知れないが、当時のオダギリジョーに現在の玉木が似ている、と思う(実際にはオダジョーは当時27歳、現在の玉木は32歳なのだが)。