「いだてん~東京オリムピック噺~」第四回「小便小僧」

出演

概要

四三は高等師範学校のマラソン大会に参加したが、出場直前に排尿に行き、スタートに間に合わず、出遅れる。途中で草鞋も切れ、裸足で走るなどのアクシデントがあったものの、三位入賞。感激した四三は、実家に勇んで報告するが、兄から、かけっこをやらせるために東京へ行かせたのではないと叱責される。

しかし、本格的に「かけっこ」にのめりこむことにした四三は、陸上部に入部。草鞋は切れるからと(専用の靴などない時代なので)足袋に目をつけ、播磨屋で足袋を買い求める。四三が購入したのは地下足袋ではなく、室内履きのようだ。これで外を走るのは痛いと思うが……

大森兵蔵の妻が来日。怪しげな英語で語る兵蔵とそれを日本語に訳す妻の掛け合い。

(2019/2/10 記)

「嫌われ松子の一生」(BD)

ブルーレイ視聴。

雑感

約10年前に見た時は、原作の小説を読んだ直後で、中谷美紀市川実日子柴咲コウもよく知らなかった頃。原作と比べてここが足りないここが違うと不満を多く感じたようだ(下記リンク参照)。

今回は、原作はすっかり忘れており、純粋に映画作品として見て、十分楽しめた。

松子の両親は、病弱な妹・久美子を気遣うあまり、松子に十分な愛情を注げず、それが松子の転落の第一歩だったように思われるが、より大きな問題は、(女は)親の言うことを聞いていりゃいい、という教育方針にあったのではないか。教師になったのは、自分が教師という職業に憧れを持っていたとか、資質があると思ったから、ではなく、父親が教師になれといったから。自分のことは常に自分で決める、その結果を自分で受け入れる、という教育がなされていなかった結果が、万引き問題の対処であったり、岡野に振られた後の職業の選択であったり、龍洋一との同棲だったりに出ていると思う。人生の岐路に立った時に、正しい道を選択できないのだ。

久美子も悲惨だ。病弱で出歩けない、慕っていた姉に殺されかける。それでも姉を待ち続けるが、会えないまま死ぬ……。だからラストシーンは報われた思いにさせられる。これから久美子が穏やかに暮らせるとよいなと思う。

(2019/2/10 記)

「グッドワイフ(TBS)」第二話「その男、黒か白か」

出演(ゲスト)

概要

  • 佳恵の父登場。酒に酔って事故を起こし、現場から逃亡、近くの居酒屋にて飲酒。これは飲酒運転をごまかすためだとして、酒気帯び運転、公務執行妨害などで起訴されようとしていた。自分の弁護人として杏子を指名。
  • 佳恵は大輔を嫌っている。大輔は依頼人のためなら黒を白と主張することなどなんとも思っていないため。かつて世間的に相当グレーだった人物の無罪を勝ち取り、非難されたことがある。本人は多忙を理由に滅多に家に帰らなかったので、矢面に立ったのは妻だった。この時の心労がもとで早死にしてしまう。佳恵は、お母さんをころしたのはお父さんだと詰め寄る……
  • 今回の件も、誰がどう見ても酒気帯び運転は間違いなさそうなのに、大輔は酒など飲んでいないと主張する。おまけに当日の詳しい事情を語らない。窮地に立たされた杏子は……

雑感

  • どんでん返しも、大輔が細かい事情を杏子や佳恵に語らなかったことも、あとで真相がわかってみれば「なるほど」と納得のいくことであり、話の展開はうまいと思う。
  • 壮一郎の事件の展開が進まないのは(致し方ないが)気になる。
  • 光太郎はみちるに気があるらしい。今はそんなことを考えている場合じゃないだろうに。
  • 今回の杏子の頑張りに、みちるは少し見直したようだ。

配役

(2019/2/3 記)

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第三回「冒険世界」

出演

概要

四三の高等師範学校の日々。

四三は、朝食は幼い頃の躾を守り、よく噛んで食べる。そのため時間がかかり、寮を出るのは一番あと。が、学校まで約一里の道を走って登校、着くのはいつも一番乗りだった。

夏休みの故郷へ帰省すると、幼馴染のスヤが見合いをするという。落ち込む四三だが、再度上京する四三の見送りに、スヤは自転車で並走し、叫び声を上げ続ける……

天狗倶楽部の三島弥彦はお金もあり、顔もよく、スポーツ万能で、「本気で闘える相手がほしい」などと(火―ロス・リベラのような)ふざけたことを真顔を吐く。

東京でマラソンという競技の存在を知り、四三は驚く。彼がこれまで走っていたのは生活のためで、走るために走る、という世界を知らなかったのだ。四三とマラソンの運命の出会い。

雑感

シマと三島和歌子のかけあいが面白い。

四三は学校まで一里を約20分で走ったという。4km20分は、荷物を持ち、坂道などがあったことを考慮しても、特別速くはない。軽いジョギングのつもりで走っていたのだろう。

ビートたけしの活舌がよろしくなく、話し方もうまいとは思えず、正直うっとうしい。過去のパートは森山未來が語りを担当するが、実にわかりやすい、いい声だ。今後は全部森山未來でいいんじゃないか。

第一話の冒頭(1959年)で、物語はタクシーに乗った志ん生が、地下足袋で走る人物を目撃するところから始まる。これが四三だと思ったので、てっきり金栗四三とは東京オリンピックでメダルを取った人かと思い込んでいた。が、明治生まれだと東京五輪の時は相当な年齢のはずで、計算が合わない。なので混乱していたが、四三が出場したのはストックホルム・オリンピック。それで思い出した。ストックホルムに出場した日本人ランナーは、世界最長記録保持者のはず。

この話は知っている(らばQに取り上げられていたので知った)。そうかこの人が金栗四三だったのか。これで話がつながった!

(2019/1/27 記)

「アゲイン」

ブルーレイ視聴。

雑感

  • 以前劇場で見て印象に残っていたもの。もう4年も前なのか……
  • 松川典夫や立原裕子が男から何を言われたのか、単に「暴言を吐かれた」というだけで具体的な描写がなかったため、松川典夫が悪いとしか思えなかった。あとで柳田建司に「マネージャーを侮辱されて黙っていられる野球部員はいない」と言っていたけど、相手の男をぶちのめすのは夏の大会が終わってからでも良かったはず。(そうすると、今度は後輩に迷惑がかかるのか?)観客が「あんな態度を取られたら、誰だって我慢できないよな」と思えるシーンがほしかった。
  • 立原裕子もよくない。何もいえず28年間ずっと引きこもりをしていたのかと勘違いしていたが、結婚して子供もいるという。松川がどう噂されているか知らなかったわけではあるまい。誤解は彼女が解くべきだった。そもそも野球部員が必死に練習にいそしんでいる時に、他校の生徒と不純異性交遊をし、妊娠するなど、素行に問題ありだ。この二人のために野球部員はこれほど大きな傷を負った。そこは責められてしかるべきだろう。
  • 彼女はレイプされたんじゃなかったのかな。それだったらわかるけど。

配役

  • 劇場で見た時には気付かなかった安田顕阿南健治がすぐわかった。成長したな。

過去記事

ここで

波瑠がいい役者だった。(略)今後露出が増えるといいなと思う。

などと書いているが、この年の朝ドラの主役を務め、一気にトップ女優になったのだった。自分にしては先見の明があるうちか?
(2019/1/27 記)

「グッドワイフ(TBS)」第一話「家族の裏切り」

常盤貴子主演というので興味を持ち、見てみた。日曜の夜は時間的に辛いが。アメリカのTVドラマ「The Good Wife」のリメイクらしい。

出演

  • 常盤貴子(蓮見杏子、弁護士)
  • 唐沢寿明(蓮見壮一郎、杏子の夫・元東京地検特捜部長)
  • 滝藤賢一(佐々木達也、壮一郎の元部下)
  • 吉田鋼太郎(脇坂博道、壮一郎の後任の特捜部長)
  • 博多華丸(林幹夫、壮一郎の顧問弁護士)
  • 相武紗季(遠山亜紀、壮一郎の不倫の相手?)
  • 小林喜日(蓮見隼人、杏子の息子)
  • 安藤美優(蓮見綾香、杏子の娘)
  • 高林由紀子(蓮見幸枝、杏子の姑)
  • 小泉孝太郎(多田征大、神山多田法律事務所の共同経営者・杏子の司法修習時代の同期)
  • 賀来千香子(神山佳恵、神山多田法律事務所の共同経営者)
  • 水原希子(円香みちる、神山多田法律事務所のパラリーガル
  • 北村匠海(朝飛光太郎、神山多田法律事務所の新人弁護士)
  • 末永みゆ(佐竹凛子、て誰?)

出演(ゲスト)

  • 武田鉄矢(日下部直哉、キャスター)
  • 野間口徹(小宮竹生、多田のフットサル仲間)
  • 野田あかり(浜口玲奈、行方不明になった女児)
  • 泉澤祐希(浜口直樹、玲奈の父)

概要

  • 蓮見杏子の夫が突如収賄容疑で逮捕された。壮一郎はこの件に関しては否認しているが、新聞記者の女性と不適切な関係を持ったことは認めた。杏子やその子たちはショックを受ける。杏子はかつては弁護士として活躍していたが、妊娠と同時に引退し、専業主婦となっていた。夫が収監され、離婚も視野に入れなければいけない状況で、16年ぶりに弁護士復帰を目指す。
  • 司法修習時代の同期で現在共同経営者である多田が誘ってくれたため、神山多田法律事務所で働くこととなったが、実は同じく新人の朝飛光太郎と半年間比較し、いい方を一人のみ正式採用するとの条件だった。
  • 最初に手掛けた事件。ニュースキャスターの日下部直哉が、世間を騒がしている幼児誘拐事件に関して、犯人は誘拐された子の母親で、育児ノイローゼから子供を殺したのだ、だからいくら探しても見つかるわけがないと自分の番組で断言。世間から激しい非難を浴びせられた母親は自死を遂げる。怒った夫が日下部を名誉棄損で訴えようとするが……
  • 円香みちるはかつて蓮見壮一郎び下で三年間働いたことがある。が、壮一郎に首を切られた。「あまりご主人を信用しない方がいいですよ」と杏子に言う。

雑感

  • ネットで、泉澤祐希が光っていたとの感想を読んだ。「白夜行」で武田鉄矢にいじめられる子ね。なるほど確かに存在感がある。
  • 武田鉄矢が嫌な人間の役を本当に嫌に演じてくれたため、見ていて腹立たしくて仕方がなかった。金八先生のイメージが強いが、たまに悪役をやると強烈である。こういう役の人は最後にぎゃふんと言わせてほしいが、ぎゃふんとは言わないまま終わったのは消化不良。もっとも嘘がバレたから、番組終了後にぎゃふんと言っているのだろうが。
  • 杏子の手掛けた事件は解決したが、壮一郎の汚職事件は進展がなかった。こちらは全編を通じて明らかになるということか。

(2019/2/3 記)

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第二回「坊っちゃん」

出演

概要

四三の幼少期からを描く。

四三の父は病弱で寝込むことの多い生活で、そのため一家の生活は厳しく、兄たちは皆、小学校を出たら田畑を耕すなど家の手伝いをしなければいけなかった。

四三も幼少の頃はひ弱で、心配した父は、嘉納治五郎に抱いてもらうと健康になるという願掛けのため、熊本まで10里の道を歩いて嘉納に会いに行く。が、大勢の人に囲まれて抱いてもらうどころか声をかけることすらかなわず、諦めて帰途に就く。が、望みが叶わなかったとは言えなかった父は、「嘉納先生に抱いてもらった」と家族に嘘をつく。

金栗信彦は、死の床でも「四三は嘉納先生に抱いてもらったのだから、丈夫に育つ……」と呟く。恐らく信彦にとっては、嘘ではなく、脳内で真実になっていたのだろう。四三は実次に「実は……」と打ち明けようとするが、「言うな!」と遮られる。

成績の良かった四三は、兄から進学を進められ、海軍兵学校を受験することに。が、視力検査で引っかかって落ちてしまう。気落ちした四三をスヤが「軍人にならなくてもお国のために働ける」と慰め、四三は、嘉納治五郎が校長を勤める東京高等師範学校への進学を決意する。

雑感

嘉納治五郎に抱いてもらった話、恐らく実次は事情を察していて、その上で父のために信じる態度を取っていたのだろう。しかし四三は家族に嘘をついていることが苦しくて仕方がない。

初回の最後で嘉納がゴールした四三を抱きとめるが、これは四三にとっては幼少時からずっと願っていたことで、それが初めて実現し、かつ、これによって父の言ったことが嘘にならなかったというわけだ。初回での伏線と二回目の回収、これは見事だ。だからドラマは面白い。継続してみるかどうかは、微妙だが。
(2019/1/26 記)